« オープン戦 ヤクルト対広島(3/15) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(3/20) »

J1リーグ1stステージ第4節名古屋対仙台

2016.3.19(土) 14時 パロマ瑞穂スタジアム
観客 9232人 主審 山本雄大 副審 金井清一、作本貴典

 名古屋グランパス 2(1−0)1 ベガルタ仙台
           (1-1)

 得点 45+1分 名古屋・シモビッチ
    82分 仙台・ハモン・ロペス
    87分 名古屋・矢野

現地観戦。
事前の天気予報が直前まで雨だったりしたので、天気が気になっていたが、晴れて暖かくなってくれてよかった。もっとも、警戒して余分な装備を持っては行ってたので、だいぶ面倒だったが。

前半の名古屋は、だいぶしょっぱい内容。追い風のせいで縦に蹴ったボールが伸びすぎてる感じはあったし、引き気味で人数が多い仙台のディフェンスの網に引っ掛かって、うまく組み立てが出来てなかったようでもあり、効果的な攻撃の形をほとんど作れなかった。田口のプレースキックが絶不調だったのも輪をかけた。仙台の方が、まだ得点の匂いがするかなと思ってたが、スコアレスのままロスタイム。しかしここで、右サイドでボールを受けた古林が中へ送ったボールに、シモビッチが合わせ、GKの手を弾いてゴールへ。見せ場の乏しい前半だったけど、最後に先制して折り返せたのは良かった。

風向きの関係もあってか、後半は名古屋が引き気味になり、仙台にゴール前まで攻め込まれる頻度が上がった。ゴール前にクロスが入り、ボールに触られていたら確実にやられてたと思われる場面が2回くらい。30分頃にはウィルソンのクロスからハモン・ロペスの決定的なシュートをナラがビッグセーブで阻止。
ここでシモビッチを明神に代えて、逃げ切りに入った様子だったけど、37分にまたウィルソンのクロスからハモン・ロペス。今度もナラは反応したけど弾き切れずに同点。守備重視のメンツに切り替えてからの失点で、時間も残り少なかったので、結局、引き分け止まりか…、と思ったが、40分過ぎ、右サイドから入った貴章が思いきりよくシュートしたのが、相手ディフェンスに当たってコースが変わったこともあり、決まって決勝ゴールになった。

まあ、問題はいろいろあるにしても、勝って終われて良かった。4試合で勝ち点7は上々の滑り出しだよ。
毎試合、確実に得点出来てるのもいい。しかも、どれも結構いいゴール。それについては、シモビッチと古林の加入がでかい。
リーグ戦で、ここんとこ仙台に、ずっと勝ててなかったことでもあるし。もっとも、特に酷い試合をしてるのはビジターでだけど、まあ、それは2ndのお楽しみということで(^^;)

怖いのは故障による選手離脱だけど、そういう事態が深刻になる前に、勝ち点を伸ばしておきたいねえ。
20160319board
20160319pitch
20160319vega
20160319shati1
20160319end

|

« オープン戦 ヤクルト対広島(3/15) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(3/20) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/63373179

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ1stステージ第4節名古屋対仙台:

« オープン戦 ヤクルト対広島(3/15) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(3/20) »