« オープン戦 巨人対ヤクルト(2/27) | トップページ | J1リーグ1stステージ第2節名古屋対広島 »

春季教育リーグ ヤクルト対楽天(3/6)

2016.3.6 (日) 12時半 戸田
E 011001140 8
S 120000000 3
[敗]平井、[勝]ソン・チャーホウ

今年初のヤクルト戸田球場での観戦。

先発はヤクルトは村中。初回は申し分のない出来で、その裏、打線が楽天先発のソン・チャーホウの球威に押されながらも3連打で先制したが、2回の村中が四球・暴投・ヒットで失点して同点。
それでも2回裏にまた打線が繋がり、奥村の2点タイムリーで勝ち越し。
3回表の村中は四球、自身のエラー、タイムリーでまた失点。それでも、積極的に本塁へ突っ込んでくる楽天の走塁にも救われて?1点でしのぐ。4-5回もランナーを出しながら、ゲッツーで切り抜けたが、6回、3連打で内田にタイムリーを打たれて同点。それでも後続は断ってこの回までで交代。
7回は平井諒が登板したが、2死後にツーベースと四球でランナーを背負い、八百板にタイムリーを打たれて逆転。
8回は松岡が登板。セカンドで先発して、この回からサードに回った奥村のエラーで2塁にランナーが出て、フェルナンドのヒットで1-3塁。ここで下妻がスクイズ。前進して捕球したファーストのベースカバーに、この回からセカンドに入った新人の渡邉が入ってなく、アウトが取れない。ここから崩れて、この回4失点。
9回表は中島が無難に抑えたが、打線は3回以降、調子を上げたソン、7-8回は相原にパーフェクトに抑えられ、最終回も金無英に対して、原が死球で出塁しただけで、全く反撃できずに終わった。

本塁へガンガン突っ込んで来る楽天の走塁は、今年からのキャッチャーのブロック禁止の影響だったと思う。楽天が勝った理由も多分にその辺にあったし、今年はルール変更が試合に相当影響しそうな気がする。 本塁での激突プレーは、こっちが守る側の時でも、どっちかの選手がケガしやしないかとか、ヒヤヒヤしてたんで、ルールが変わったこと自体は良かったと思ってるが。

ヤクルトの内容は、攻撃も投手もあんまり良くなかった。守備も、途中まではよく村中を援護してたと思うけど、だんだん怪しくなった。ただ、新人のプレーが覚束なかったり、慣れないポジションとかもあると思うんで、その辺を良くしていくのもファームの役割なんだから、だからダメということはないと思うよ。
そうは言っても、村中の出来の悪さや、ベテラン打者の物足りなさは、別の話だけどね。彼らは今年は本当に正念場なんじゃないかなあ。
20160306kyujo
20160306end
20160306board

|

« オープン戦 巨人対ヤクルト(2/27) | トップページ | J1リーグ1stステージ第2節名古屋対広島 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/63309493

この記事へのトラックバック一覧です: 春季教育リーグ ヤクルト対楽天(3/6):

« オープン戦 巨人対ヤクルト(2/27) | トップページ | J1リーグ1stステージ第2節名古屋対広島 »