« J1リーグ1stステージ第6節名古屋対大宮 | トップページ | J1リーグ1stステージ第7節福岡対名古屋 »

セリーグ ヤクルト対巨人(4/14)

2016.4.14 (木) 18時 神宮球場
G 100003000 4
S 00300111X 6
[勝]ルーキ、[S]オンドルセク、[敗]山口
[H]S:バレンティン(戸根)、G:長野(小川)

昨日、神宮へ行きかけたが、雨がぱらついてきてやめたので、今日は行っておくかと。しばらく神宮で試合がないことでもあるし。

3回表半ばに到着。ヤクルト先発のライアン小川は1点先制されてたが、そんなに不安定には見えなかった。
巨人の高木は、3回裏先頭のライアンがヒットで出た後、四球連発で1死満塁。ここでバレンティンは遊ゴロだったが、ゲッツーを焦ったか、ショートからセカンドへの送球がエラーになって同点。さらに雄平の2点タイムリーで逆転。
もう今日は勝ったんじゃない?と思ってたが、6回にライアンがおかしくなった。片岡のツーベースをクルーズにタイムリーで返され1点差。さらに2死2塁で村田にストレートの四球。まともに勝負しなかっただけなかと思ったが、次の中井にも粘られた上で四球で満塁。ここで小林に2点タイムリーを打たれ、また逆転。さらに大量失点のピンチだったが、リリーフの秋吉の初球、代打坂本の鋭い当りはセカンド正面のライナーで助かる。
その裏、先頭のバレンティンが戸根からライトへホームランを打ち込んで同点。7回裏には山口から山田がヒットを打って出て、バレンティンがタイムリーで返して勝ち越し。8回裏にもマシソンから坂口がタイムリーを打って、もう1点。
ヤクルトのピッチャーは、7-8回ルーキ、9回オンドルセク。9回は多少ヒヤヒヤ気味だったけど、0点で抑え切った。

ライアンだから今日は勝ちだろうと思ってた、事前の予想とはちょっと違う展開だったが、勝ち試合だったことには違いはないので、まあ結果オーライかなと。
8回裏の追加点が効いた気がした。昔、山口・マシソンが鉄壁だった頃があったけれど、時代は完全に変わったんだなと思った。
20160414kyujo
20160414stand
20160414end
20160414board

|

« J1リーグ1stステージ第6節名古屋対大宮 | トップページ | J1リーグ1stステージ第7節福岡対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/63505508

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対巨人(4/14):

« J1リーグ1stステージ第6節名古屋対大宮 | トップページ | J1リーグ1stステージ第7節福岡対名古屋 »