« イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(4/30) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(5/1) »

セリーグ ヤクルト対巨人(4/30)

2016.4.30 (土) 18時 神宮球場
G 102000000 3
S 20000020X 4
[勝]小川、[S]オンドルセク、[敗]山口
[H]S:バレンティン(今村)、飯原(山口)、G:坂本(小川)

先発はライアン小川、巨人は今村。
小川は立ち上がり不安定で、初回に片岡ヒット、坂本四球の後、長野にタイムリーを打たれて、早々に失点。
でも、今村も不安定。1回裏ヒットで出た川端を置いて、バレンティンがレフトへツーランを打ち込んで、あっさり逆転。
3回には小川が、坂本にホームランを食らって同点。さらにヒットのギャレットを亀井のツーベースで返されて再逆転。
両投手とも、序盤は毎回安打を打たれて、落ち着きのない試合展開だった。ただ、小川は次第に立ち直り、5回以降はノーヒット。今村も、いつ崩れるか、という気配は漂っていたものの、結局6回まで、1回の2失点のみで凌ぎ切って、7回から山口に交代。
7回裏、1死後、小川の代打のヒロヤスがセンターオーバーのツーベース。打率が1割切ってるヒロヤスが、まさかという感じだったが、さらに坂口の代打飯原がレフトへツーランを放り込み、また逆転。ちちなみに飯原は今季2打席目だった。意外性が持ち味のバッターだから、ありそうな話ではあったんだけど。
ヤクルトのピッチャーは、8回はルーキ、9回はオンドルセクが登板し、パーフェクトに抑えてそのまま勝利。

4/14に神宮で見た巨人戦も、同点で登板した山口を打って勝った試合だったし、いよいよ、山口の時代は終わったんだなあ、と思った。
ライアン小川は、ぎりぎりで負け投手を逃れたどころか勝ち投手(^^;。勝ち運のある投手とない投手って、いるよなあと、しみじみ思う。もっとも、小川の5回以降の好投あっての逆転勝ちなのも確かなので、十分、勝ち投手の資格のある投球内容だった、とは思う。
20160430kyujo2
20160430stand2
20160430end2
20160430board2

|

« イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(4/30) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(5/1) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/63563317

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対巨人(4/30):

« イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(4/30) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(5/1) »