« セリーグ ヤクルト対阪神(3/31) | トップページ | J1リーグ1stステージ第5節東京対名古屋 »

J1リーグ1stステージ第5節浦和対甲府

2016.4.1(金) 19時半 埼玉スタジアム二○○二
観客 22766人 主審 山本雄大 副審 

 浦和レッズ 2(0−0)1 ヴァンフォーレ甲府
        (2-1)

 得点 68分 浦和・興梠
    81分 浦和・森脇
    90+2分 甲府・稲垣

甲府は5‐4‐1のベタ引き布陣で、当然浦和が攻めっ放しだったが、甲府は伊達に枚数掛けてない、粘り強いディフェンス。甲府は前半半ばに、ややアンラッキーな2回目の警告(ハンド)でディフェンスリーダーの山本が退場になったが、さらに守備意識を高めて前半スコアレスで乗り切る。にしても、浦和に決定力がなさ過ぎたのは否めない。95%以上の時間帯を、浦和が攻めてたと思うんだが、GKかわしてFWが2人、ゴール前に抜け出しても決められなかったくらいだったので。

後半も前半のままの流れで推移してたが、転機になったのは65分くらいに甲府が1トップのクリスティアーノを下げて、6バック0トップにしたこと。スコアレスでの逃げきりを図ったんだろうけど、クリスティアーノは、一応、ある程度は浦和のディフェンスを牽制していたし、甲府のバックスは枚数が増えすぎて、やはりいくらか混乱があったように思う。68分に興梠が甲府のディフェンスを破って浦和が先制。
この後は、さすがに攻めるしかなくなった甲府が、積極的な姿勢を見せ始めたので、試合としてはいくらか面白くなったけど、浦和の圧倒的優位は変わらず、81分に森脇が、込み合ったディフェンスの頭上を破るミドルで2対0。
それでも、ロスタイムに甲府が1点返した。浦和は甲府の怒涛の攻勢でのパス交換についていけなかった。試合中、ほとんど守備してなかったんで、切り替えが出来なかったぽい。でもまあ、お約束という感じだし、それほど大した問題ではないと思うけれどね。

順当と言うしかない結果で、どっちのサポでもない俺にとっては、有り体に言って、かなりつまんない試合だったけど、浦和の芸術的なシュート(決定機で宇宙開発、もしくは、確実のGKの正面を突く(^^;)は、楽しめたといえば楽しめたかな。
甲府は、近年、こういうスタイルでここでは浦和に負けてなかったらしいから、 戦術的な裏付けはあったらしいが、ちょっとこれはつまらな過ぎるサッカーだった。
20160401board
20160401pitch1
20160401pitch2
20160401kofusp
20160401end

|

« セリーグ ヤクルト対阪神(3/31) | トップページ | J1リーグ1stステージ第5節東京対名古屋 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/63428812

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ1stステージ第5節浦和対甲府:

« セリーグ ヤクルト対阪神(3/31) | トップページ | J1リーグ1stステージ第5節東京対名古屋 »