« ナビスコ杯予選L第4節名古屋対甲府 | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(4/27) »

J1リーグ1stステージ第8節名古屋対新潟

2016.4.24(日) 13時 パロマ瑞穂スタジアム
観客 8957人 主審 東城穣 副審 名木利幸、三原純

 名古屋グランパス 2(1−0)1 アルビレックス新潟
           (1-1)

 得点 25分 名古屋・シモビッチ
    61分 名古屋・永井
    64分 新潟・端山

昼過ぎ、スカパーオンデマンドでライブで見始めたが、SkyAの映像なのに気付いて、SkyAに切り替えた。やっぱり、小さいPCよりテレビの方が画面がでかくて見やすい。

名古屋の先発は、シモビッチの相方のFWに和泉、左SBは高橋で、ギャンブルだなと思ったが、現状で結果が出てないことを考えれば、それほど大きく考えることでもなかったかも。
GKはナラの負傷に伴い武田、ボランチは田口とイ・スンヒ。

前半は名古屋の積極的な仕掛けが目立った印象。名古屋らしくなく(^^;、シュート数が多かった。ただ、とりあえず打ってしまえ的なシュートも多かったので、数の割には相手をおびやかしてた感は薄かったかな。とはいえ、名古屋ペースで試合は進んだ。前半半ばに、高い位置で和泉が詰めて新潟からボールを奪い、そのまま持ち込んでシュートに行ったけど、ポストに跳ね返って、ああーと思ったら、それが繋がって先制点になった。ポストの跳ね返りはクリアされたが、そこから永井のクロス→和泉シュート→クリアをシモビッチが押し込むという流れ。和泉起用が当たった形。
ただ、そこから2点目が入らず、1-0のまま前半終了。このままいくと、またやばいんじゃない?という感じだったが、後半序盤に、ドリブルから永井がシュートを決めて2-0。いい展開。
ところが2分後に、新潟にゴール前で粘り強く繋がれた末に決められ、あっさり1点差に戻る。さらに続けて新潟に決定的な場面を作られ、かなり危なかった。ここはなんとかしのぐが、その後も新潟にペースを握られる。何とか持ちこたえて、ロスタイムに入ったものの、さらにここで、新潟が決定的なシュートを3発。それを武田の好セーブと、旭?のゴール内でのクリアで辛うじてかわして、何とか逃げ切った。

先々週と比べると、大宮戦は2点目が取れなくて、今回は取れたというだけの違いだったような気がする。今日の名古屋がアグレッシブに攻めてたのはわかるけれども、名古屋の決定的な場面自体は、それほど増えていたとは思えなかったし、多分に運だったような気が。前半良かったのは確かだけど、大宮戦も、その前のナビの鹿島戦も、前半は良かったんだよな。しかも、1点返した後の新潟の反撃の激しさは、先々週の大宮の比じゃなかったし。ツイてたとしか思えない。
とはいえ、勝ち点3取れたのはでかい。というか、勝ち点3を計算しないといけない試合だったと思うんで、取れてよかった。

とりあえず、和泉起用が当たったのは間違いない。あと、後半途中から、故障離脱していた松田が出て来たから、これもいい材料じゃないかな。ここまでの試合で、シモビッチと一番うまくやれてたFWは松田だし。
高橋は攻撃にはよく絡んでいたように見えたけど、新潟優勢の時間帯は左サイドを攻められまくっていたから、ちょっと微妙。もっとも、どこまでが高橋に原因があるものなのかはわからなかったけど。今日の起用が本当にそういう理由なのかどうかは知らないが、安田の左SBがどうも、全体とうまく噛み合ってないのは確かで、高橋の方がうまくやれるんなら、今後の起用もありかもしれないが、今日、テレビで見てた限りでは、そこまでの強い印象はなかった気がする。

ところで、次節は警告累積でイ・スンヒが居ないことになるが…。明神は故障中だろうし、誰? 小川? そういや、イソってどうしたんだろう。

|

« ナビスコ杯予選L第4節名古屋対甲府 | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(4/27) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/63552960

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ1stステージ第8節名古屋対新潟:

« ナビスコ杯予選L第4節名古屋対甲府 | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(4/27) »