« セリーグ ヤクルト対広島(4/28) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(4/30) »

J1リーグ1stステージ第9節浦和対名古屋

2016.4.29(金祝) 14時 埼玉スタジアム2○○2
観客 42547人 主審 佐藤隆治 副審 今岡洋二、大川直也

 浦和レッズ 4(1−1)1 名古屋グランパス
        (3-0)

 得点 25分 浦和・柏木
    39分 名古屋・シモビッチ
    56分 浦和・李
    62分 浦和・興梠
    65分 浦和・武藤

現地観戦。メインアッパーのビジター指定。
陽射しは強いんだけど、暴風に近い北風強風。屋根の下で陽は当たってなかったから、結構、肌寒かった。

名古屋サポは、近年では一番多いくらいだったんじゃないかな。連休初日ということで、名古屋からも来やすかっただろうし。

名古屋の先発は、先週の新潟戦から警告累積で出場停止のイ・スンヒが小川に代わっただけ。和泉は結果を残したからいいけど、高橋も?と思ったが、安田が控えにもいないんで、体調でも崩したのかと思ったら、練習に遅刻したペナルティだったそうで。ヤレヤレな…。

立ち上がりの浦和は強い追い風を意識してか、名古屋の裏狙いの攻撃を続けていて、危ない場面もあったけど、何とか持ちこたえた。そうすると、次第に浦和の出来の悪さが目につき始めた。浦和が押してることに違いはないんだけど、それほど名古屋の守備が堅く見えるわけでもないのに、攻めあぐねてる感じが強かった。それでも25分に、ゴール前で柏木が浮き球のシュートを打ち、GK武田は反応したけど、弾ききれずにゴールに入って先制される。
この後、浦和に勢いがついたが、梅崎のミドルがポスト、李からのパスを受けて、武田もかわした興梠がゴールへボールを流し込めない。決定的な場面を逃し続け、逆に40分にシモビッチが右寄りのミドルレンジから打った素晴らしいシュートがきれいに決まって同点。そのまま折り返す。

いい形で追いついたことで、名古屋に行けるか?感が漂って、後半序盤は攻勢を掛けることが出来ていた。前半と似たような形からのシモビッチのシュートや、前線の連係から和泉が枠外ながらのシュートを打ったり、いい流れになっていた。けれども10分頃、小川が前に出していったボールが奪われてカウンターを食らう。ゴール前でクリアしきれず繋がれたあげく、最後は李に叩き込まれて勝ち越される。
これで一気にガタガタ。ディフェンスが右往左往する中、62分に興梠、65分に武藤にゴールを決められ、あっという間に1-4。以降、何度かゴールのチャンスは作ったものの、流れを取り戻すことも出来ないまま、試合終了。
それどころか、ロスタイムに入る寸前、ゴール前へのクロスに合わせようと飛んだ、途中交代で入っていた松田力が、着地した瞬間に腿の裏を押さえて、ピッチ外へ出てしまう事態。担架で外へ運び出された。故障の再発じゃないんだろうか。ずいぶん早く故障から戻ってきたなと思ってたが、やっぱり早すぎたんじゃないかなあ。

小川がかなり悲しい出来だった感じ。競っても取れないし、パスはミスが多いし、反応も悪いし。終盤、旭に交代したんだけど、旭の方がまだ可能性が感じられるプレーをしてたと思う(時間帯の関係もあるだろうとは思うが)。今の小川にボランチは無理な気がする。
今日に関しては、ボランチが弱かった影響で、元々弱いバックラインが揺さぶられて、さらにボロボロになっていく、という構図だったと思うんで、だから、イ・スンヒが戻れば多少は改善するんじゃ…、って、そればっかだな(^^;。

相手が強くて押し込まれていた分、今日の和泉はあまりいい場面を作れなかったな。ただ、この先、力がどうなるか…。あと、高橋は、もう少し粘りがないと苦しい、という気がする。

でも、浦和には今年も、後半戦で、一泡吹かせてやりたいねえ。
20160429board
20160429pitch
20160429ngesapo
20160429end
20160429senshu

|

« セリーグ ヤクルト対広島(4/28) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(4/30) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/63563353

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ1stステージ第9節浦和対名古屋:

« セリーグ ヤクルト対広島(4/28) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(4/30) »