« セリーグ ヤクルト対巨人(4/30) | トップページ | 感想「消えたイングランド王国」 »

イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(5/1)

2016.5.1 (日) 13時 戸田
B 000400100 5
S 000102000 3
[敗]田川、[勝]飯塚
[H]B:白崎(田川)、渡邊(田川)

前日以上に人出が多かったように見えた戸田のイースタン。

今日の先発は今年の高卒新人、高橋奎二(初見)。ライアン小川みたいな大きいフォーム。華々しい上に、安定感も抜群で、3回パーフェクトの素晴らしいピッチング。
しかし、4回に登板した田川がメタメタで…。2死はすんなり取ったが、続く白崎にレフトへホームランを打ち込まれると、そこから連打。ヒット2本の後、渡邊雄にレフトへスリーランを打たれて0-4。さらにヒットを2本打たれた所で、とうとう岩橋に交代。
その裏、そこまでまずまず順調に来ていたDeNA先発の飯塚に対し、廣岡は三ゴロだったが、白崎が取り損ねて出塁。畠山が四球で続き、森岡内野ゴロで2-3塁になって、松井淳の犠飛で(ノーヒットで)1点返した。
6回にも廣岡がヒットで出たが、畠山は併殺打。ただ、これは結構鋭い三遊間の当りで、白崎のファインプレーだったと思う。白崎、いろいろ目立ち過ぎ(^^;。でも、ここから、森岡、松井淳、鵜久森(タイムリー)、西田(タイムリー)の4連打で2点を返して1点差に迫った。畠山もヒット性の当りだったし、この後の奥村の二直も鋭いライナーだったことを考えると、飯塚はもう終わりじゃね?と思ったんだが、7回の表にDeNAが1点追加してたこともあってか(このタイムリーも白崎(^^;)、7回も続投。だいぶ危なっかしく見えたが0点でしのいだ。DeNAは厳しく鍛えるチームだね(^^;。
ヤクルトの投手陣は4回途中から5回までの岩橋、6回の平井諒は、まままあの内容で無失点だったが、7回の竹下は先頭打者三振の後、自身の投ゴロ悪送球でランナーを出すと、以降は制球がボロボロになり、四球・ヒットで満塁にした所で風張に交代。この風張が白崎にタイムリーを打たれて3-5。それでも、後続は断って、8回も無難に抑え、最終回も久古が無失点。しかし、打線が8回は小杉、9回は大原に抑えられて敗戦。8回9回ともランナーは出したが、どっちもライナーが野手の正面を突いてゲッツーを食らってしまい、ちょっと運のなさもあったかもしれない。

それにしても、高橋は良かった。強烈な印象だった。今日は、まだ本格的には投げさせてないという意味での3回限定だったのかな? もっと長いイニングで投げるのを見てみたい。
20160501kyujo
20160501end
20160501board

|

« セリーグ ヤクルト対巨人(4/30) | トップページ | 感想「消えたイングランド王国」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/63568170

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(5/1):

« セリーグ ヤクルト対巨人(4/30) | トップページ | 感想「消えたイングランド王国」 »