« 感想「さようなら、ロビンソン・クルーソー」 | トップページ | 首都大学野球 桜美林大対帝京大、筑波大対城西大(5/7) »

J1リーグ1stステージ第10節名古屋対横浜

2016.5.4(水祝) 14時 豊田スタジアム
観客 27669人 主審 西村雄一 副審 西尾英明、川崎秋仁

 名古屋グランパス 3(1−0)1 横浜F・マリノス
           (2-1)

 得点 33分 名古屋・シモビッチ
    49分 名古屋・和泉
    70分 横浜・伊藤
    78分 名古屋・川又

SkyAでライヴで見てた。

先発メンバーは、ボランチにイ・スンヒが戻って、CBでは大武がオーマンに代わってた。やっぱり大武よりはオーマンの方が安心感があるし、ボランチとしてはイ・スンヒの方が、スピード感も力強さも小川より上。そりゃまあ、本職だし。
ただ、相手が、あんまり前からガシガシ来ないマリノスだったのも、浦和戦に比べて、うまくやれてた理由ではあるんだろう、とは思う。

前半の半ばくらいまでは、そんなに大きい動きはなかった印象。そこで30分くらいにマリノスが決定的なチャンスを作って、GKの武田が踏ん張ってセーブした所からの反撃で、名古屋が先制。あれはマリノスのGK(飯倉)のミスだろう。古林のクロスを取りに行って、弾いちゃってこぼした所をシモビッチが蹴り込んだ。にしても、あれを蹴り込めるのはシモビッチだからだよな。
やや劣勢気味?という気もしてたから、いいタイミングの得点だったけど、ここんとこ、前半に得点して後半にボコボコになるパターンばっかりだから、全然安心は出来なかった。
結局、前半は1点しか取れなかったから、後半はやばいなあ、と思ってたが、後半頭からシモビッチに代わって入った川又(シモビッチは体調がいまいちだったので、大事を取ったらしい)が、序盤に永井からのゴール前へのクロスで飯倉と競り合って、こぼれたボールに和泉が詰めて2点目。テレビで見てる限り、川又がGKへのチャージを取られる可能性もあった、という感じに見えたので、ちょっとラッキーだったと思う。ただ、こぼれ球への和泉の反応は良かったし、ついに初ゴールを決められたのも良かった。
2点差になって、少しは安心したけど、どうせどこかで失速する、とは思ってた。60分過ぎくらいから、マリノスに回される場面が増えてきて、そろそろ危ないなと思ってたら、70分に右サイドから崩され、武田が頑張ったものの、伊藤翔に押し込まれて1点差。いつものパターンだと、ここでガタガタ崩れて、さらに失点を重ねるところだったが、崩されながらもなんとか持ちこたえ、78分に永井が自陣でボールを奪ってカウンター。マリノスゴール近くまで運んだ所で、川又へ出して、川又が決めて3-1。やっぱり、この2人は息が合ってる。
以降は、それほど大きな波乱もなく終了。

必ずしも名古屋が押してたとは言い難いけど、狙いがうまくはまった試合ではあったと思う。永井がボールを奪ってカウンター、というパターンは、だいたい毎試合あるけど、あんなにきれいに決まることは滅多にない。まあ、川又が居たからかもしれないが。川又も、前でうまく効いてた感じだったし。やっぱり、チームの相性的なもののおかげはあるんだろう。
左SBが前節から引き続き高橋だったけど、今日は粘り強く守って、本当によくやってた印象。左から完全に崩される場面って、ほとんどなかったんじゃないかな。イ・スンヒが居たことで助けられてた面もありそうには思えるんだけど、今までで一番良かった気がする。

大きい勝ち点3だったと思う。あと、招待客多数とはいえ、大入りの試合で勝てたのも良かったね。ジンクス的には負け濃厚だったと思うんで(^^;

|

« 感想「さようなら、ロビンソン・クルーソー」 | トップページ | 首都大学野球 桜美林大対帝京大、筑波大対城西大(5/7) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/63595906

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ1stステージ第10節名古屋対横浜:

« 感想「さようなら、ロビンソン・クルーソー」 | トップページ | 首都大学野球 桜美林大対帝京大、筑波大対城西大(5/7) »