« 交流戦 ロッテ対ヤクルト(6/12) | トップページ | 豊橋から豊川 »

交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(6/15)

2016.6.15(水) 18時 神宮球場
H 011020110 6
S 000001120 4
[敗]古野、[勝]和田、[S]サファテ
[H]S:山田(和田)

1回裏の頭から見ていた。水曜夜なのに意外な混雑は対戦相手のせいか、前後の試合が悪天候が予想されていたからか。とりあえず、この日は、試合が終わるまでは、天候は問題なかったはず。その後、深夜には多分、雨になったはずだけど。

先発はうちが古野でソフトバンクは和田。
古野は間合いを長く取って、慎重に投げてた印象。悪くはなかったが…。2回にランナー1塁(中村晃)で、鶴岡にレフトオーバーを打たれ、バレンティンのセカンド返球の間に中村に本塁に突っ込まれて失点。3回にはランナー1塁(城所)で二盗された時に、中村が二塁悪送球して三塁まで行かれてしまい、柳田のタイムリーで2点目。ソフトバンクが抜け目ないとも言えるんだけど、守備に足を引っ張られた感がある。もっとも4回にはファースト西田の守備にピンチを救われて、4回2失点で終えたから、プラマイ0かもしれないが。
5回に登板した中澤は、四球ふたつとツーベースで1死満塁として、内川に2点タイムリーを打たれ0対4。ここで、育成から昇格した平井が神宮復帰のリリーフ登板。いきなり150キロ代を3球続けて松田を三振に取り、四球は出したが凌ぎきる。6回も三者凡退。これで流れが変わった。
制球バラツキ気味で球数も多かった和田を、打線はうまく攻略出来ずにいたが、6回裏に山田がバックスクリーンへホームランを打ち込み、ようやく1点返した。
7回表に登板した村中がヒット2本で簡単に失点したが、その裏、ついに和田を打ち崩した。中村・荒木・大引の3連打で1点。リリーフの森福・スアレスに後続を断たれ、8回表に松岡が1失点したが、その裏、森からバレンティン・雄平・今浪の3連打で1点、中村の内野ゴロでもう1点。ついに2点差。しかし、その後が続かなかった。
8回裏終わって9時40分過ぎてたので、ここで撤退。9回は双方無得点でそのまま終わったらしい。

7回・8回、もうひとつ出れば、という所で出なかったのが痛かったはずだけど、ソフトバンクも結構そうだった。それで負けちゃうのは、やっぱりチーム力の差。ただ、うちは12球団最悪の投手陣だからね。結構ソツの多い攻撃陣と案外しょっぱい中継ぎ陣のソフトバンクに、よそのチームがあんなにやられちゃってる理由がよくわからない、とは思った。

まあ、今日は平井諒の1軍での素晴らしい復活が見れたからいいや、ということで…。
20160615kyujo
20160615stand
20160615hirai
20160615hiraiboard
20160615board

|

« 交流戦 ロッテ対ヤクルト(6/12) | トップページ | 豊橋から豊川 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/63802758

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(6/15):

« 交流戦 ロッテ対ヤクルト(6/12) | トップページ | 豊橋から豊川 »