« J1リーグ1stステージ第7節福岡対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ DeNA対ヤクルト(6/4) »

交流戦 ヤクルト対オリックス(6/3)

2016.6.3(金) 18時 神宮球場
Bu 110000030 5
S  003000010 4
[敗]ルーキ、[勝]吉田一、[S]平野

今季初の交流戦観戦。入場料が「バリュー価格」だった影響か、結構観客の入りは良かったけど、(ヤクルトの試合にしては)ロースコアの割にくどい試合で、試合時間は4時間弱。

6時20分くらいに入ったが、ようやく1回裏。ライアン小川が不調だったらしい。その割に失点は1だったから、まあいいか、という感じ。でも2回にも、よりによって今年初打席と思われるオリックス先発の東明に、タイムリーを打たれて0対2。
東明はちょっとばらついてるな、という感じだったんで、これなら4点くらいは取れるだろ、と思ってたら、3回裏に早くも大引のツーベースをきっかけに、バレンティンのタイムリーで1点。さらに川端の2点タイムリースリーベースで、あっさり逆転。
どっちもピッチャーがヘタレ気味で、泥試合かと思ったが、その後は、意外にどっちも点が入らなかった。東明は6回まで投げたが、ほんとにダメだったのは3回だけ。ライアン小川に関しては、次第に立ち直ったようだったけど、5回表に小島の打球が手に当たった影響があったのか、6-7回は冴えなかった。抑えはしたものの、ランナーを出しては、一球毎の間合いがやたらと長いタルいピッチングで、見ててマジで寝ちゃうかと思った。試合がくどくなった原因の半分くらいは、この辺にあると思う。
3対2のまま8回表。ヤクルトは2番手でルーキが登板したが、いきなり連続四球。犠打で1死2-3塁になった所で、オグセビックに2点タイムリーツーベースを打たれて、あっさり再逆転。さらに伊藤にもタイムリーを打たれて2点差。
その裏のオリックスのピッチャーは塚原だったが、こちらもいきなり山田・バレンティンの連打で1点返し、さらに川端ヒット、畠山敬遠気味の四球で満塁。ここでピッチャーが平野に交代。雄平は平野の初球を打ったが、セカンド正面の強いゴロでホームゲッツーという最悪の結果。代打・今浪も倒れて追い付けない。
9回裏は1死後、大引がヒットで出たが、坂口ゲッツーで終了。なんとか10時前に終わった。

やたらとオリックスの試合運びのまずさが目について、これじゃあ勝てないのも無理ないなと思っていたが、終わってみれば、ヤクルトの方が負けていた、という試合。

昨日の秋吉といい、今日のルーキといい、セットアッパーの炎上で逆転負けが続いてる。登板過多気味なのは間違いないけど、そうなる前のシーズン序盤から、彼らには救援を失敗した試合があったし、やっぱりこれが彼らの実力じゃないのかなと思う。
問題は、去年の成功体験が染み付いちゃって、選手が変わっているのに、去年と同じパターンで試合を進めることばっかり考えてるベンチじゃないかな。特定の選手ばかり重用するんじゃなくて、状態を見極めて、もっと柔軟な投手起用をしてくべきだと思うんだが。安心して任せられそうなピッチャーが、これといって見当たらないのも確かだけど、先週末のイースタンで見て、ちょっとまだ無理じゃない?と思った石山を、速攻で1軍で使って失敗してるのを見ると、名前だけで選手起用してない?、と思ったりする。
20160603kyujo
20160603stand
20160603yuhi
20160603board

|

« J1リーグ1stステージ第7節福岡対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ DeNA対ヤクルト(6/4) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/63728129

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦 ヤクルト対オリックス(6/3):

« J1リーグ1stステージ第7節福岡対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ DeNA対ヤクルト(6/4) »