« J1リーグ2ndステージ第2節名古屋対川崎 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(7/13) »

イースタンリーグ ヤクルト対楽天(7/10)

2016.7.10 (日) 13時 戸田
E 000000000  0
S 000000001X 1
[勝]風張、[敗]石橋

ひと月ぶりのイースタン観戦で、ひと月半ぶりの戸田のイースタン観戦。どうも今年は行こうとしてると雨中止になることが多くて、試合数が伸びない。

先発投手はヤクルトが児山、楽天はリズ。
児山は初回、2回と四球でランナーを出しながらゲッツーで切り抜けた。3回にはヒット3本を打たれたが、1死1塁からの柿澤のヒットで三好が3塁を突いたのを、ライト武内が好返球で刺したこともあって、無失点。この回で交代。多分、打たれたからじゃなくて、元々3イニングが予定されていたものと思う。にしても、2回のゲッツーもセカンド荒木の好守のおかげだったし、相変わらず、安定感はない感じ。
4-5回は寺田、6-7回は田川がパーフェクトに抑え、8回は木谷が三好にヒットを打たれたが盗塁失敗でアウト、9回は風張が三者凡退で、9回まで無失点。
しかし、打線が全く打てなかった。まずリズが4回まで投げてパーフェクト。球は速いし、制球はいいし、なんでこれで2軍?という感じだったけど、状況が違うと全然違う出来ってのは、よくある話だからなあ。ただ、5回から7回まで投げた古川もパーフェクトで、これはピッチャーがいいというより、うちの打線がショボいんじゃ、という疑念も…。そこそこのメンバーが揃ってはいたんだけれども。
8回裏、1死後、代打の鵜久森が楽天3番手の長谷部から四球を選んで遂に出塁し、パーフェクトは途切れる。ここで楽天の投手は石橋に交代。鵜久森は犠打と石橋の暴投で3塁まで進んだが、そこまで。9回裏にもつれこんだ。
9回裏、1死後、廣岡が死球。そして続く比屋根がレフト前ヒット。ようやくノーヒットも途切れる。その勢いのまま、次の山崎がライト線にタイムリーを打って、サヨナラ勝ち(^^;。

まあ、これだけ投手優勢な試合だと、さすがにペースも早くて、試合時間は2時間15分を切った。俺が最後までちゃんと見てた試合の中では、過去最短じゃないかな。8回裏にヤクルトが得点出来てれば、もしかしたら2時間切ったかも、という感じだった。あと、8回裏に暴投とかで鵜久森が生還してれば、ノーヒットで勝利という珍しいものが見れた可能性もあったが…(^^;。そういう意味では、ちょっと残念な試合ではあった。
20160710kyujo
試合中に見えた富士山
20160710fuji
20160710board

|

« J1リーグ2ndステージ第2節名古屋対川崎 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(7/13) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/63898161

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対楽天(7/10):

« J1リーグ2ndステージ第2節名古屋対川崎 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(7/13) »