« セリーグ ヤクルト対阪神(7/13) | トップページ | 都市対抗野球1回戦 JFE東日本対ヤマハ »

J1リーグ2ndステージ第3節鹿島対名古屋

2016.7.13(水) 19時 カシマスタジアム
観客 6696人 主審 西村雄一 副審 名木利幸、越智新次

 鹿島アントラーズ 3(2−0)0 名古屋グランパス
           (1-0)

 得点 6分 鹿島・中村
    26分 鹿島・山本
    87分 鹿島・鈴木

結果は知っていたし、鳥栖戦の前に見ないと、完全に見る気をなくすと思って、前日にあわてて見た。スカパーオンデマンド。

バックスに竹内を外して新加入の酒井を入れ、出場停止のイスンヒの代わりが明神。前節で壊れた小川と、永井の代わりの両サイドは古林と小屋松。

序盤から圧倒的に鹿島に支配されて、その流れの中から最初の失点。やっぱりこんなもんか、という失点だったけど、その後、鹿島がかさにかかって来なかったもので、名古屋が結構攻め込む時間帯を作れた。結果を知らなければ、もしかしたら追いつけるかもと思う程度の攻勢ではあったと思う。もっとも、決定的なシュートが打てたわけでもなかったし、逆に25分過ぎには、深い位置でセットプレーからゴール前へ入れられたクロスをクリアしたボールが、逆サイドから入ってきていた山本の前にこぼれて、シュートされて2点目。あまりにもたやすく失点してしまうので、がっかりもしない感じ。
それでも40分頃には左から安田からクロスが入って、ハデソンが頭で合わせる、結構きわどいシュート(曽ケ端にクリアされたが…)。この試合で一番惜しい場面だったかも?

後半は扇原を松田に代えて、ボランチは明神とハデソン。トップ下に松田。10分過ぎには小屋松が和泉に交代。この辺までは交代の効果があるんだかないんだか、みたいな感じだったけど、20分前に足を痛めたぽいシモ(解説の水沼は足がつったんだろうと言っていた)が隆之介に代わったのは、明らかに戦力ダウン。それでもシモが居る間は、ゴール前にボールが入れば、何か起きるかも?という期待感があったが、すっかり薄れてしまった。
とはいえ、鹿島の追加点も入らないまま時間が過ぎ、3点目はいつ入るんだろうと思ってたら、後半42分の魔の時間帯だった。しかもゴール前で名古屋(とゴールポスト)が3回もクリアしたのに、全部鹿島の選手が拾ってシュートして、結局決まってしまうという…。これで0-3になって、後は終わるだけ。退場者が出なかっただけ、川崎戦よりはマシかな。ただ、見に行かなくて損した、という気分には、全くならなかった。

チームがチームになってない状態だから、こういう普通にちゃんとした相手かかったら、もうどうしようもない。ただ、個人的にスキルのある選手は居るわけで、そういう選手の個人技でどうにかなる場面もないわけではないと思うし、当面は(というか、今シーズンは)それに賭けるしかないんじゃないかな。
少なくとも、古林や貴章や安田は、こんな状態の中でも、むらはあるにしても、それなりのプレーはしてたと思うし、そこにしかよりどころはないと思うよ。あとは、扇原やハデソンに十分なスキルがあるという感じはするんで、それをどううまく組み合わせるか。ただ、そこは監督の仕事だろうけど、ここまでのいきさつを考えると、不安はある。
(2016.7.15)

|

« セリーグ ヤクルト対阪神(7/13) | トップページ | 都市対抗野球1回戦 JFE東日本対ヤマハ »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/63991162

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ2ndステージ第3節鹿島対名古屋:

« セリーグ ヤクルト対阪神(7/13) | トップページ | 都市対抗野球1回戦 JFE東日本対ヤマハ »