« J1リーグ2ndステージ第5節名古屋対甲府 | トップページ | 安来・米子 »

松江、出雲国分寺

24日は朝から松江市内をぶらついた。
とりあえず一畑電鉄の始発駅、松江しんじ湖温泉駅まで行ってみた。これは出雲大社の前まで行く路線だが、所要時間を考えると、スケジュールが厳しいと判断して、出雲大社へ行くのは止めた。
20160725matsueitibata
松江城はこの近所で、城の建造物が、天守閣を含めてかなりたくさん、そのまま残っている。また、このエリアには市役所や県庁もある。ちなみに、ここから15kmくらいの近距離に島根原発があり、事故が起きたら、福島第一原発とは比べ物にならないくらい、大量の住民が避難しないといけないことになる。(原発を見に行ってみることも、少し考えていたが、これも結局実行しなかった)
県庁の横に原発を管轄してると思しい県の庁舎があり、そこの横には放射能等のモニターの結果が表示されていた。(写真を撮ってみたが、シャッタースピードの関係で、数値はうまく撮れなかった)
20160725matsuegenpatu
県庁周辺には、竹島がどうとか、みたいな表示が何カ所かにあり(松江駅前にもあった)、そういえば、そういう場所だっけと思った。ただ、その割には、市内にハングル表記が目立つし、韓国(や中国)から観光客をかなり熱心に誘致しようとしてる感じもあった。「政治」と「経済」は別物ってことなんだろう。誘致される側が、どう感じているかはわからないが、市内でそれらしい観光客は結構見かけた。
しばらくぶらついた後、松江駅へ。
20160725matsue
松江駅からは、バスで出雲国分寺跡へ。最寄りバス停は武内神社前という所で、所要時間は15分程度。この神社は今も生きていて、割と元気そうな感じ。
国分寺跡は、バス停のすぐ近くに、方向を示す標識が立っていたので、そのまま道なりに歩いて行くと、山陰道をくぐったすぐ先に見つかった。徒歩10分程度だったと思う。場所を示す標識と説明板以外は、基礎の置石くらいしかなく、雑草が茂ったただの野原。観光施設的なものは何もない(トイレは設置されていたが)、好きなタイプの国分寺跡だった。
20160725kkbhi
20160725kkbato
国分寺跡の説明板に、出雲国分寺と武内神社の間には国分尼寺跡があると書かれていたので、それも見ていこうと思ったが、見つけられなかった。それらしい場所はあったが、立ち入ると危険そうな気配(^^;があった。この辺は、寺自体は跡形もないが、武内神社の裏手にあたり、神域?という雰囲気で、そういう種類の薄気味悪さがあった。深入りしなくて賢明だったんだろうと思う。

このあたりの最寄り駅は東松江で、武内神社から徒歩10分強というところ。
東松江に近づくと、大きい橋が見えてきたので行ってみることにしたが、駅舎と線路の反対側にあり、すぐ近くなのに、大きく回り込まないとたどりつけなかった。
これは中海大橋というそうで、松江市内から続く大橋川が中海に接続する場所に掛かっている。しばらく前の車のテレビCMで流れてた「ベタ踏み坂」に似ていた。あれは確か、この近辺だったはずと思ったが、後で調べたら、それは近所の別の橋だった。ただし、この橋も地元では「ベタ踏み坂」として知られているそうで、実際、見た感じは相当な急勾配だった。上がると、かなり怖いらしい。
20160725higasihasi
橋を眺めた後、東松江駅に戻って、山陰本線で米子へ向かった。
20160725higasimatue

|

« J1リーグ2ndステージ第5節名古屋対甲府 | トップページ | 安来・米子 »

ぶらぶら」カテゴリの記事

国分寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65218665

この記事へのトラックバック一覧です: 松江、出雲国分寺:

« J1リーグ2ndステージ第5節名古屋対甲府 | トップページ | 安来・米子 »