« J1リーグ2ndステージ第8節名古屋対浦和 | トップページ | イースタンリーグ 巨人対ヤクルト(8/16) »

セリーグ ヤクルト対巨人(8/14)

2016.8.14(日) 18時 神宮球場
G 000112023 9
S 000101000 2
[敗]館山、[勝]マイコラス
[H]S:バレンティン(マイコラス)、G:ギャレット(館山)

ヤクルト2連勝の後の3連戦3戦目。プレイボールから観戦。

先発はヤクルト館山、巨人マイコラス。
去年の復活以降の館山は立ち上がりが悪い、というイメージだったが、今日は3回までパーフェクト。しかも危なげない内容で、全盛期のようなピッチングだな、と思って見ていた。しかし4回に2死から坂本に四球を与え、盗塁で二進。ここで阿部に初ヒットを打たれ、これがタイムリーになって、巨人が先制。
その裏、こちらも好投していたマイコラスが、バレンティンにきわどい内角球を投げ、バレンティンが飛び下がって避けた。かっとなったな、一発出るかなと思ったが、マイコラスが次の投球に入ろうとした矢先、巨人のブルペンからボールがこぼれて、タイムがかかる。バレンティンの打ち気を逸らしたのかなと思ったが、仕切り直しの投球を、バレンティンはレフト最上段へでかいホームランを打ち込んだ。中断はむしろ、マイコラスの集中を切っちゃったのかも(^^;。これで同点。
しかし館山は5回、今度はギャレットにライトへホームランを打ち込まれ、また勝ち越しを許す。5回の裏の打席に立って、6回もマウンドに上ったが、今度は長野と坂本のヒットの後、阿部にタイムリーを打たれて1失点。さらに四球で2死1-3塁となった所で岩橋がリリーフしたが、岩橋の暴投で3塁から坂本が還って1-4。
それでもその裏、坂口・比屋根の連打から2死満塁まで持っていき、谷内の三ゴロを村田がファンブルして1点を返す。しかし後続がなく、追加点は入らず。
2点差のままなら、まだわからなかったと思うが、8回表に4番手松岡が登板。ストライクが入らない厳しいピッチングで、四球2つと阿部のヒットで満塁。ギャレットのタイムリーで2点を失う。これで試合はほぼ決まった感じだったが、9回にも5番手の近藤が5安打3失点のピッチングで、結局2対9まで点差が開いて試合終了。

館山で勝つのは厳しいんじゃないかなと思っていたので、予想の範囲内ではあったけど。3連戦2勝1敗の勝ち越しなんだから、まあいいんじゃないの?という感じではあるが。館山の立ち上がり3イニングが素晴らしかったので、ちょっと期待したんだけど、そう甘くはなかったな。
しかし、4回のバレンティンの特大ホームランは凄かった。今日は3塁側内野で見ていたので、弾道がはっきり見えて、得した気分になった(^^;。
20160814kyujo
20160814stand
20160814end
20160814board

|

« J1リーグ2ndステージ第8節名古屋対浦和 | トップページ | イースタンリーグ 巨人対ヤクルト(8/16) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/64063329

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対巨人(8/14):

« J1リーグ2ndステージ第8節名古屋対浦和 | トップページ | イースタンリーグ 巨人対ヤクルト(8/16) »