« J1リーグ2ndステージ第9節柏対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(8/24) »

イースタンリーグ ヤクルト対西武(8/21)

2016.8.21 (日) 13時 戸田
L 010100000 2
S 00000513X 9
[勝]寺田、[敗]ウルフ
[H]S:廣岡(岡本篤)、L:坂田(新垣)

先発はヤクルト新垣、西武は先月末に加入した元・日ハムのウルフ。
先制は西武で、2回に新垣が四球で出したランナーを、犠打、内野ゴロ、愛斗の内野安打で返した。4回には坂田のホームランで0-2。もっとも、新垣の制球はイマイチだったが、日頃に比べて特に悪かったわけではないし、5回まで投げて被安打4、与四球2の内容だから、むしろ良かった部類かもしれない。ただ、これで1軍で使えるかというと、無理だろうな、という気はする。
ウルフは、西武内野陣の守備の不安定さに足を引っ張られながらのピッチング。5回までに2失策で、そこは持ちこたえ、さすが実績のあるピッチャーだなと思っていたが、6回裏に決壊した。先頭の山崎は投ゴロだったが、ファーストに誰も入っていなくて内野安打になったのが始まり。その後も微妙な感じのヒットが続き、ウルフはすっかり調子を崩した。森岡、ヒロヤス、ジェフンとタイムリーが出て3-2と逆転。さらに松井淳のタイムリー、廣岡の内野ゴロでもう2点入って5-2。
7回の西武のピッチャーは野田だったが、ここでも守備の乱れからチャンスになり、ヒロヤスのタイムリーでもう1点。8回のピッチャー岡本篤からは、廣岡がホームランを打ち、さらに渡邊とヒロヤスのタイムリーで3点追加。
新垣の後を受けたヤクルト投手陣は、6-7回を投げた寺田、8回を投げた中島が、いずれも被安打1、失点0にまとめ、9回は竹下が、相変わらずの制球の悪さで2四球を出しながらも無失点で切り抜けて、9-2でヤクルトが勝った。

西武の守備の酷さが目立った試合。特にセカンドの山田遥。もっとも、彼はまだ若いんで(高卒2年目)、これから鍛えていくんだろうな。山田哲人だって、昔は酷いもんだったし(今は巧くなった、と思ってたが、近頃は微妙な気がする)。
20160821kyujo
20160821end
20160821board
土手から見えた富士山。
20160821fuji

|

« J1リーグ2ndステージ第9節柏対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(8/24) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/64093011

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対西武(8/21):

« J1リーグ2ndステージ第9節柏対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(8/24) »