« イースタンリーグ 西武対ヤクルト(7/31) | トップページ | J1リーグ2ndステージ第7節広島対名古屋 »

セリーグ ヤクルト対阪神(8/5)

2016.8.5(金) 18時 神宮球場
T 020010023 8
S 000000000 0
[敗]デイビーズ、[勝]藤浪
[H]T:ゴメス(成瀬)、伊藤隼(成瀬)

20日ぶりくらい、結構間が空いた久々の神宮観戦。2回表から。

先発はヤクルトがデイビーズ、阪神が藤浪。
デイビーズは2回に暴投と藤浪のタイムリーで2点、5回には高山のタイムリーでもう1点。決していい出来とは言えないが、今のヤクルトの先発の失点ぶりを考えると、まあまだマシじゃね?という感じ。3点くらいなら、打線に火が付けば、あっという間。
ところが、火が付かなかった。藤浪はボール球が多くて不安定に見えたから、どこかで捕まえられると思ったが、要所で抑え込まれる展開から抜け出せず、藤浪が降板した7回まで、一度も3塁が踏めなかった。

デイビーズは5回まで。6回新加入の近藤、7回は岩橋が、どうにか0点で凌いだが、8回に木谷が2死満塁にした所で、リリーフした成瀬が高山に2点タイムリーを打たれて、だめ押し。成瀬はそれでも足りずに、9回にゴメスと伊藤隼の連続ホームランを打たれて、もう3点。相変わらず、よくホームランを打たれる>成瀬。
打線は藤浪の後も、安藤と松田にパーフェクトに抑えられ、0対8の完封負け。
失点が2桁に乗らなかっただけマシか?

しかし、投手はともかく、打線に関しては、顔触れを見ていると、仕方ないかなという気はする。去年の首位打者と打点王と優勝を決めたタイムリーを打った3人がケガで居ないんだから。スタメンの野手8人のうち、去年のレギュラーは山田と大引(大引も去年は居ない時期が長かったが)の2人だけってのが、苦しさを物語っている。

何はともあれ、今年長い試合ばっかり当たって、一度も終了まで見てなかった阪神戦を、4試合目でようやく最後まで見た(^^;)
20160805kyujo
20160805stand
20160805end
20160805board

|

« イースタンリーグ 西武対ヤクルト(7/31) | トップページ | J1リーグ2ndステージ第7節広島対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/64023874

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対阪神(8/5):

« イースタンリーグ 西武対ヤクルト(7/31) | トップページ | J1リーグ2ndステージ第7節広島対名古屋 »