« J1リーグ2ndステージ第7節広島対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(8/12) »

イースタンリーグ ヤクルト対巨人(8/6)

2016.8.6 (土) 13時 戸田
G 100100000 2
S 000000001 1
[敗]土肥、[勝]中川、[S]篠原
[H]S:ジェフン(篠原)

先発はヤクルトが土肥、巨人は中川。
土肥は立ち上がり悪く、重信にヒットを打たれた後、堂上にツーベースで返され1失点。2回も1死から鬼屋敷にエンタイトルツーベースを打たれ、次打者の増田に1球投げた所で突然降板。どこかを痛めたらしい。徳山が緊急登板で後続を打ち取った。
徳山は4回に先頭の坂口にヒットを打たれ、その坂口の盗塁でキャッチャー(井野)がセカンド悪送球してランナー3塁になり、内野ゴロで1点を失った。ただ、6回まで投げて失点はこれだけ。安定感のあるピッチングで、緊急登板をしのいだことも考えれば、好投だったと思う。その後、7-8回は風張、9回はペレスも、まずまずの投球で失点しなかった。
しかし、打線が打てなかった。巨人の中川のピッチングは乱れる場面もあって、それほど順調には見えなかったし、ヤクルトは毎回のようにヒットを打っていたものの、ゲッツーになったり、後が続かない。7回に中川が交代するまで無得点。8回の2番手・香月も打てず、2点差のまま9回裏。巨人のピッチャーは育成の篠原。1死後、ジェフンがレフトポール際へ放り込んで、ようやく1点を取った。さらに代打・武内が四球で出て、2死後に代打・森岡も四球で2死1-2塁。ヒットで同点のチャンスになったが、奥村三振で終了。

序盤は双方とも投手が不調でもたついたけど、その後は、割といい感じで進んだ試合だった。それにしても、ヤクルトの打線はショッパイ。顔触れを見れば、仕方ないかな、という気はしたが。
20160806kyujo
20160806end
20160806board

|

« J1リーグ2ndステージ第7節広島対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(8/12) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/64023895

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対巨人(8/6):

« J1リーグ2ndステージ第7節広島対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(8/12) »