« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(9/19) | トップページ | J1リーグ2ndステージ第13節仙台対名古屋 »

トップイースト1部 ヤクルト対栗田工業

2016.9.24(土) 15時 ヤクルト戸田グランド

 ヤクルトレビンズ 3(3−19)33 栗田工業ウォーターガッシュ
           (0−14)  

今年初めてのトップイースト&ヤクルト公式戦観戦。ヤクルトを開幕から2試合続けて見られなかったのは残念だった。

天候は雨。行くのにチャリか徒歩か迷ってたが、結局徒歩を選択して正解。向かってる途中からどんどん雨が強くなり、試合の時のピッチは田んぼ状態。
このコンディションは、フィジカルで勝る栗田工業に有利に働いたと思う。スピードに長所があるヤクルトだが、重馬場では走ってもスピードに乗れないし、パスもスリッピー。
それでも先制は開始2分のエリソンが長い距離を決めたPGだったし(相変わらず上手い)、しばらくはヤクルトが優勢の試合運びだったが、じわっと栗田に押し込まれはじめた。しばらくは何とかこらえていたものの、15分過ぎにラインアウトからモールで押し込まれ、トライを奪われて逆転。
その後、エリソンがPGを2度狙ったが、難度が高いこともあり、決められない。35分過ぎにはヤクルトが相手ゴール前まで押し込む攻勢を見せたが、ここでパスカットされカウンターを食らう。重馬場なのは栗田も一緒で、抜け出しはしたものの、いまいちスピードに乗れてなかったから、ヤクルトの選手が追いすがってタックルに行ったんだが、栗田も複数の選手がよくフォローしていたので止めきれず、トライを許す。結局、ここが試合の分かれ目だったかなあ。
終了直前には自ゴール前での(確か)マイボールスクラムを栗田に奪われ、素早く持ち込まれ、前半は3-19で終了。
後半は栗田優勢で始まったものの、ヤクルトも踏ん張り、15分頃から攻勢を強めた。その中で栗田がシンビンで1人欠け、ヤクルトにはチャンスになったんだが、ここも押し込み切れない。30分頃には栗田がヤクルトゴール前で密集を作り、そこから外へ展開してトライ。そして後半の終了間際には、ヤクルトが相手ゴール前に攻め込んだ状態でボールを奪われ、カウンターでトライを食らう。コンバージョンが決まった所でホイッスル。3対33で終了。

ヤクルトはノートライの完敗。チャンスはあったけれども、内容的も完敗だったと思う。去年は勝った栗田工業戦だけど、基本、あんまり勝ててない相手(他には公式戦で勝ったことはないんじゃないかな)だから、仕方ないといえなくもない。でも、この辺に勝たないと、順位は絶対上がらないんだよな。
まあ、今日はコンディションが不利過ぎた面もあったかな、とは思うんだが、残念な結果だったのは確か。
20160924stadium
20160924board

|

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(9/19) | トップページ | J1リーグ2ndステージ第13節仙台対名古屋 »

ヤクルトラグビー部」カテゴリの記事

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/64516082

この記事へのトラックバック一覧です: トップイースト1部 ヤクルト対栗田工業:

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(9/19) | トップページ | J1リーグ2ndステージ第13節仙台対名古屋 »