« トップリーグ第2節 東芝対NEC | トップページ | 天皇杯2回戦 名古屋対長野 »

トップリーグ第2節 リコー対NTTコム

2016.9.3(土) 19時 秩父宮ラグビー場 

 リコーブラックラムズ 13(6−7)28 NTTコミュニケーションズ
             (7−21)  シャイニングアークス

この日の秩父宮第2試合。第1試合はサントリー対ホンダで、大差が付きそうだなと思ったのでパスした(実際、そういう結果になった)。
リコーは先週、NECに勝ったのを見た。相変わらず不安定な試合運びで、押され気味ながらも、何とか持ちこたえた。しかし今日は、どうやら(NECに代わって?)強豪の一角に加わりつつあるらしいNTTコムが相手なので、先週のようにはいかんかな、とは思っていた。

リコーはチーム力の差を自覚しているような試合運び。相手陣内10m付近のペナルティは即ショット。それで20分過ぎまで6対0と先行。NTTはきれいにラインを作って展開するけれど、要所でノックオンやスローフォワードが出て、取りきれない。
流れが変わったのは30分にリコーの3本目のショットが失敗した所かな。その5分後にNTTの連携がきれいに決まってトライとゴールであっさり逆転。
前半はそれで終わった。リコーは得点はあったけど、どっちも10m付近からのPGだったし、多分22m越えてのマイボールは一度もなかった気がする。

後半は、開始早々、ノーホイッスルでNTTが2つめのトライ。これでもう、だいたい流れは決まった。
一貫してNTTが主導権を握り、きっちりパスで展開して試合を作って、着々とトライを重ね、27分に4トライ目。
リコーは後半36分に多分初めて22mを越えてのマイボールラインアウト。そこからも、さんざん苦労しながら、何とか1トライは上げたけど、そこまでだった。最終スコアはリコー13対28NTTだけど、スコア以上に内容には差があった試合。

リコーはまるでタックルが決まらなくて、NTTに好きなように回された。クロックが違うみたいな感じだった。攻撃も個人で突っ掛けて潰されるばかりだったし、シンビンもふたつ。かなり、いいとこなしに近い試合だったと思う。力の差が歴然としてたというか。
NTTは、本当にちゃんとしたチームになったなと思う。
20160903board
20160903stadium
20160903end

|

« トップリーグ第2節 東芝対NEC | トップページ | 天皇杯2回戦 名古屋対長野 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/64679868

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ第2節 リコー対NTTコム:

« トップリーグ第2節 東芝対NEC | トップページ | 天皇杯2回戦 名古屋対長野 »