« 天皇杯2回戦 名古屋対長野 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(9/9) »

セリーグ ヤクルト対広島(9/4)

2016.9.4(日) 17時 神宮球場
C 002200000 4
S 000000300 2
[敗]山中、[勝]ヘーゲンズ、[S]中崎
[H]C:松山(山中)、會澤(山中)

今年最後の神宮での広島戦。プレイボールから観戦。

先発はヤクルト山中、広島ヘーゲンズ。
山中はここんとこ抜群の安定感だったけど、今日はダメだった。一昨日の石川といい、今回の広島は、軟投型のピッチャーに的を絞った戦略でも立てて、来ていたのかな。
山中は2回表にヒット2本で背負ったピンチは切り抜けたが、2回裏にチャンスになりかけた西浦の二遊間への打球を、菊池の超美技でゲッツーにされた後の3回表、ヘーゲンズのピッチャー強襲打をとっかかりに、新井に2点タイムリーを打たれて先行された。
山中は4回にも、松山と會澤にソロホームランを打たれて2点を失い、さらにヘーゲンズにヒットを打たれた所で交代。
ただ、山中をリリーフした、以降の投手陣はよく投げて、失点しなかったんだが。

ヘーゲンズは好投はしてたが、いかにも反撃の糸口になりそうな、つまらない四球を時々出していたので、どこかではつかまえられるんじゃないかと思ってた。7回裏はそろそろじゃないかな、という感じだったから、西浦と藤井の連打で無死2-3塁になって、やっぱりと思った。そこで西田のファースト強襲打。こぼれた当りを菊池が拾って、一塁へ投げたが、いくら菊池でもさすがに無理な送球で、ファールグランドへ抜けて転がる間に2点を返し、さらにリリーフ今村から代打坂口がツーベースを打ってもう1点。まだ無死だったから、同点までは確実と思えたが、ここで手堅くバントで3塁にランナーを進めたのが逆効果だった気がする。上田・山田連続三振で追い付けない。
で、8回はジャクソン、9回は中崎に抑えられ試合終了。

やっぱり広島は勢いがあるという感じ。巨人がもうボロボロになってる感じだから、最短で優勝を決めちゃいそうだな。
ヤクルトのプレーオフに関しては、数字上は厳しそうでも、相手次第で何が起こるかわからない感じなので、まだ何ともいえないね。

今年は公式戦の広島戦は、4試合観戦して2勝2敗という結果。
20160904kyujo
20160904stand
20160904end
20160904board

|

« 天皇杯2回戦 名古屋対長野 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(9/9) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/64172497

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対広島(9/4):

« 天皇杯2回戦 名古屋対長野 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(9/9) »