« セリーグ ヤクルト対広島(9/4) | トップページ | J1リーグ2ndステージ第11節新潟対名古屋 »

セリーグ ヤクルト対巨人(9/9)

2016.9.9(金) 18時 神宮球場
G 400100000 5
S 000001001 2
[敗]デイビーズ、[勝]大竹
[H]S:バレンティン2(大竹、澤村)、G:長野(デイビーズ)、村田(デイビーズ)、亀井(中澤)

広島がマジック1で、巨人が負ければ広島の優勝が決まる試合だったので、広島の優勝を見てみるか、てのもあったが、今年の神宮球場での最後の巨人戦でもあるし、行ってみた。
観客の入りは良く、ライト側の外野自由席はもう売っていなかったので、レフト側を買って、レフト側で見ていた。広島ファンが大挙来襲?という噂も聞いてたが、見て、すぐにそれとわかるような観客は気付かなかった。

先発はデイビーズ、巨人はよりによって大竹(^^;)。
1回表にデイビーズが長野と村田にホームランを食らったらしく、2回表開始前の到着時点で既に0対4だった。
デイビーズは2回と3回も、かなりヨタってたが、何とか無失点で切り抜けた。
大竹も、3回裏にヒット2本と四球で1死満塁。しかし、ここでバレンティンが投ゴロ併殺に倒れたのが痛かった。
直後の4回表に中澤が亀井にホームランを打たれて0対5。しかし、その後のヤクルト投手陣は失点しなかった。6回の近藤なんか、3四死球で満塁にしたんだが、持ちこたえた。
けれども打線が不発。6回にバレンティンのホームランで1点返したが、7回までで降板した大竹からの出塁は、4回以降はこれだけ。8回はマシソンに三者凡退。9回にようやく、澤村からバレンティンが2打席連続ホームランを打って2点目を上げ、雄平がツーベースで続いたが、そこまで。

広島の優勝はお預け。でもまあ、明日から巨人対広島だし、広島は自力で勝って決めたいんじゃないのかな。

大竹はすごく良かったという印象でもなかったけど、なんだかヤクルトの打線が、特に後半、淡白だったなという気がする。雄平も戻って、面子は揃ったんだけどね。大引とか今浪がいた方が、なにか起きそうな気がするのは確かだな。

なお、今年のセリーグ公式戦での巨人戦観戦成績は3勝2敗だと思う。
20160909kyujo
20160909stand
20160909end
20160909board

|

« セリーグ ヤクルト対広島(9/4) | トップページ | J1リーグ2ndステージ第11節新潟対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/64181491

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対巨人(9/9):

« セリーグ ヤクルト対広島(9/4) | トップページ | J1リーグ2ndステージ第11節新潟対名古屋 »