« J1リーグ2ndステージ第15節名古屋対磐田 | トップページ | 愛知大学野球1部 名城大学対中部大学(10/23) »

愛知大学野球2部 愛知東邦大学対愛知大学(10/23)

2016.10.23(日) 10時 パロマ瑞穂球場
東邦大 001001000 2
愛知大 00322002X 9
[勝]東郷、[敗]小松
[H]東邦:牧野、愛知:横田

初めて中に入った瑞穂球場。外からはさんざん見ていたから、一度入ってみたいと思っていた。陸上競技場やラグビー場は見慣れた風景だけど、球場の中から見ると、また新鮮な感じで良かった。
愛知大学野球てのを見るのも初めてで、これもまた新鮮な印象。

愛知大学野球2部の優勝決定戦。2部はAとBに分かれていて、それぞれのリーグ戦での1位チームが戦って、優勝チームを決める仕組み。
前日、東邦大学が勝って迎えた第2戦。ちなみに愛知大学は春のリーグ戦での2部への降格チーム、東邦大学は春は2部Bの2位だったらしい。

愛知大学先発の東郷の好投と、内野陣の好守が印象に残る試合だった。東郷は安定感がある右のサイドスローで、内野ゴロを打たせて取るピッチング。それに内野手が応えて、結構厳しい打球もよく追い付いて、きっちり仕留めていた。失点はソロホームラン(牧野)と6回に死球のあとの連打で失ったもので、内野の守備はノーミスだったと思う。
東邦大学の先発・小松も、立ち上がりは順調だったが、先制直後の3回裏に、野手のお見合いのヒットや悪送球が続いてピンチを背負うと、そこから崩れた。東邦大学は4回以降も守備のミスが目立ち、愛知大学にそれをきっちり得点に結びつけられ、9点を失って敗戦。

今日の内容的には、愛知大学の方が、春は1部に居ただけのことはあって、格上に見えたが、これで1勝1敗なので優勝決定は第3戦の結果待ち。
(愛知大が第3戦も勝って優勝を決め、1部最下位の日本福祉大学との入替戦も勝ったので、来年の春のリーグでは1部に復帰するんだろう)
20161023kyujosoto
20161023kyujo
20161023board1

|

« J1リーグ2ndステージ第15節名古屋対磐田 | トップページ | 愛知大学野球1部 名城大学対中部大学(10/23) »

「野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/64494384

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知大学野球2部 愛知東邦大学対愛知大学(10/23):

« J1リーグ2ndステージ第15節名古屋対磐田 | トップページ | 愛知大学野球1部 名城大学対中部大学(10/23) »