« トップイースト1部ヤクルト対横河 | トップページ | J1リーグ2ndステージ第15節名古屋対磐田 »

トップイースト1部三菱相模原対ヤクルト

2016.10.15(土) 13時 三菱相模原グランド

 三菱相模原   43(17−21)28 ヤクルトレビンズ
 ダイナボアーズ (26−7)  

三菱相模原グランド。初めて行った。
クラブハウスの外観は結構凄かったけど、グランド自体の設備(スコアボードとかスタンドとか照明とか)は東京ガスや日野自動車と大差ないかな。もっと凄いのかなと思ってた。隣の工場の敷地はばかでかかったが。

正直、ヤクルトが勝てるとは思ってなかったし、開始早々にパス回しに振り回されてトライを決められた時は、やっぱり?と思った。けれども15分過ぎに自陣からパスを繋いで右サイドを突破し、コックスが裏へ蹴ったボールからトライが決まって逆転。その後もいい形を作った。
20分過ぎから三菱の反撃が強まって、持ちこたえられずに2トライで再逆転されたが、35分頃から再度反撃。FW陣がパスを繋いでトライを決め3点差にすると、ラストプレーで相手ゴール前で粘った上で、再再逆転のトライを決め、21対17とリードして折り返し。

もっとも、このまま勝てると思うほど、甘く見てはいなかったけど、やっぱり後半は厳しかった。
立ち上がりに左サイドを速攻で破られまた逆転。さらに、ペナルティからの素早いリスタートに後手を踏んで、もう1トライを決められ、突き放される。
ここでヤクルトにも相手ゴール直前でのマイボールラインアウトのチャンスが来たが、ボールを奪われ物に出来ない。後半のヤクルトはラインアウトが失敗続きで、それで流れを掴めなかった感があった。三菱にゴール前まで何度も持ち込まれながらも、集中を切らさないディフェンスで30分頃までは失点せずに持ちこたえていたので、もったいなかったと思う。終盤、ついに耐えきれずに2トライを喫したものの、ラストプレーでは粘りを見せて、攻め続けた末に4つめのトライは決めた。去年までのレギュレーションなら、これで勝ち点1だったんだが。

とはいえ、ヤクルトグランドでのしょっぱい2試合を見た後だけに、今日のヤクルトの健闘は楽しく見られた。負けは負けだけど、いい試合だったと思う。
20161015kanban
20161015pitch
20161015board

|

« トップイースト1部ヤクルト対横河 | トップページ | J1リーグ2ndステージ第15節名古屋対磐田 »

ヤクルトラグビー部」カテゴリの記事

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/64516171

この記事へのトラックバック一覧です: トップイースト1部三菱相模原対ヤクルト:

« トップイースト1部ヤクルト対横河 | トップページ | J1リーグ2ndステージ第15節名古屋対磐田 »