« トップイースト1部日本IBM対横河 | トップページ | トップチャレンジ2 日野自動車対中国電力 »

トップイースト1部ヤクルト対釜石

2016.11.19(土) 14時 秩父宮ラグビー場 

 ヤクルトレビンズ 24(12−14)28 釜石シーウェーブス 
            (12−14)

第2試合。双方今季最終戦。
ヤクルトはここまで3勝。中位の下の方という順位がほぼ決まってる状態。釜石も3位がほぼ確定で、今年のトップリーグ入りの可能性はまずないが、来季創設されるチャレンジリーグ(J2や昔のJFLみたいなものだと思う、多分)入りを目指すリーグ戦への出場権はほぼ得ていて、双方、あんまりテンパった状況ではなかったと思う。

ただ、ヤクルトは一度も釜石に勝ったことがないが、今年は(勝ててないが)上位チームにはいい戦いをしてるので、もしかしたら、とは思ってた。

釜石ペースで始まって、先制は10分過ぎの釜石の展開からのトライだったが、ヤクルトもパスを粘り強くつないで、20分頃にコックスのトライで同点。30分過ぎには中央付近の混戦からFB大城が抜け出して、釜石の追手を振り切り逆転のトライ。
40分頃に釜石にラインアウトからモールで押し込まれて、ヤクルトは再逆転されたが、試合内容的には五分に近い出来で折り返し。
後半序盤に釜石にまたラインアウトからモールで押し込まれ、突き放されたヤクルトだったが、10分頃、釜石の反則から速いリスタートでトライを決めて追いすがる。この後、ハミッシュが抜け出して、逆転トライが見える所まで行った場面があったんだが、タックルに潰された。
その後、釜石、ヤクルトの順で1トライづつ決め、4点差で終盤を迎えたけれども、ヤクルトは追いきれなかった。
結果的には、エリソンが決めきれなかった2本のコンバージョンの差が、点差になってしまった。今日はあんまりキックの調子が良くなかった気がする>エリソン。

とはいえ、今まで見たヤクルトの釜石戦の中では、一番いい試合だったと思う。まあ、釜石のチーム状態も毎年違うから、何とも言えない所はあるけど、三菱相模原戦、日野自動車戦に引き続いての健闘を見ると、今年のヤクルトは上位チームと戦うコツみたいなものを手に入れたシーズンだったのかもしれない、と思った。今までは割と、上位にはなす術なく敗れるというパターンが多かったから、ひとつレベルを上げたのかも? 来年にこれがつながるといいんだが。

しかし、今年はリーグ戦5試合を観戦して全敗…。ヤクルトグランドでのかなりしょっぱい連敗の後、上位チームに健闘しながら敗れた3試合。連敗をバネにして立て直した結果が上位への健闘だとすれば、うまく回ったといえなくはないのかなとも思うが、1試合くらい勝ちを見たかったなとは思う。
20161119board2
20161119pitch2
20161119end2

|

« トップイースト1部日本IBM対横河 | トップページ | トップチャレンジ2 日野自動車対中国電力 »

ヤクルトラグビー部」カテゴリの記事

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/64516349

この記事へのトラックバック一覧です: トップイースト1部ヤクルト対釜石:

« トップイースト1部日本IBM対横河 | トップページ | トップチャレンジ2 日野自動車対中国電力 »