« トップイースト1部ヤクルト対釜石 | トップページ | 関東大学対抗戦A 帝京大対筑波大 »

トップチャレンジ2 日野自動車対中国電力

2016.12.3(土) 11時半 秩父宮ラグビー場 

 日野自動車レッドドルフィンズ 43(12−0)0 中国電力 
                 (31−0)

この2チームに中部電力を加えた3チームのリーグ戦で勝ち抜けば、トップチャレンジ1へ進んで、トップリーグ昇格の可能性が残るトップチャレンジ2の初戦。
日野自動車は初のトップチャレンジ進出だが、三菱相模原には完敗したとはいえ、トップイーストを快調に勝ち上がったチーム。会社の力の入れ方も半端でないし、正直、トップウェストやキュウシュウの2番手チームには楽勝じゃないかと思ってた(現状、ウェストもキュウシュウも、トップリーグ入りを本気で考えて強化してるチームは、1チームあるかないかの状態のはずなので)。

実際、立ち上がりから力の差はかなり歴然として見えた。それでも中国電力は粘り強く守ったし、日野自動車も、強くなって日が浅いこともあってか、まだ試合の組み立てに粗い所があるから、力の差だけで押し込むのは難しかった。前半の半ば頃まで先制点は入らなかったし、追加点も前半ラストプレー。12対0という、それほど大差とは言えない点差での折り返し。

しかし、後半に入ると日野自動車が、ボールを回す意識を強めたように思えた。力づくの攻撃にはよく耐えていた中国電力だったが、展開して仕掛けてくる日野自動車の多彩な攻撃に後れをとる場面が目立ち始めた。体力も落ちていたと思うし、後半はかなり一方的に日野自動車が攻める試合展開。最終スコアは43対0で、まあ妥当な感じ。ただ、中国電力も切れずに最後まで頑張ってくれたので、点差の割には、最後まで面白く見れる試合だったと思う。トップキュウシュウのチームって、トップチャレンジの場では、力の差ははっきりしていても、よく踏ん張って、それなりに面白い試合を見せてくれることが多いような気がする。
20161204board1
20161204end1

|

« トップイースト1部ヤクルト対釜石 | トップページ | 関東大学対抗戦A 帝京大対筑波大 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/64634567

この記事へのトラックバック一覧です: トップチャレンジ2 日野自動車対中国電力:

« トップイースト1部ヤクルト対釜石 | トップページ | 関東大学対抗戦A 帝京大対筑波大 »