« トップリーグ第11節 サントリー対コカ・コーラ | トップページ | 「グレート・ミュージアム ハプスブルグ家からの招待状」 »

トップイースト順位決定戦 セコム対明治安田生命

2016.12.18(日) 13時 セコムラグビーフィールド 

 セコムラガッツ 19(0−14)28 明治安田生命ホーリーズ 
           (19−14)

トップイーストのdiv1下位とdiv2上位による順位決定戦。例年ならこれで決まった順位で来年の所属divが左右される、昇降格に関わる重要な試合だけど、来年リーグ再編がある関係で、この辺のチームは全て来期はdiv1になるはずなので、どうでもいい試合と言えなくもない。

そのせいもあったのか、div1で格上のはずのセコムが生彩を欠いた。混戦で簡単にボールを失うし、ディフェンスが緩くて、そこから簡単に大きくゲインされる。FWも劣勢。相手に主導権を握られる展開が続き、10分頃に先制トライを食らい、30分頃にもトライ。どちらもモールで押し込まれて跳ね返せないまま、やられた形。

それでも後半立ち上がりには、セコムが相手ゴール前のスクラムから持ち込んで、7対14と追いすがる。すぐに明治安田生命に取り返されたが、10分過ぎにWTBの益子が素晴らしい走りを見せて再度7点差。30分過ぎにはWTBの川崎の激走で2点差に迫った。後半のセコムは、リードされていたからだと思うが、かなり思い切って仕掛けていた感じがする。ただ、決定的な場面でミスが出るのはカバーしきれず、主導権を握れない。終了直前、大きく攻め込まれてラインアウトからモールで押し込まれ、だめ押しのトライで19対28とされ、そのまま終了。

セコムは、去年までのこの順位決定戦でも、毎回際どい試合を何とか勝つというパターンだったから、今年は降格に直結しない分、粘り切れなかったのかもしれない。でも、本拠地での試合だったんだし。ちょっと淋しかったなとは思う。
明治安田生命を見るのは4年ぶりくらいだったが、FWの当りが強い印象は変わってなかった。下部リーグのチームだし、ミスも多かったから、チームそのものについては、強いという印象はそれほど受けなかったけれど、来年、div1の中でやれば、変わってくるんだろうなとも思う。
20161218pitch
20161218board

|

« トップリーグ第11節 サントリー対コカ・コーラ | トップページ | 「グレート・ミュージアム ハプスブルグ家からの招待状」 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/64678268

この記事へのトラックバック一覧です: トップイースト順位決定戦 セコム対明治安田生命:

« トップリーグ第11節 サントリー対コカ・コーラ | トップページ | 「グレート・ミュージアム ハプスブルグ家からの招待状」 »