« 関東大学対抗戦A 帝京大対筑波大 | トップページ | トップリーグ第11節 サントリー対コカ・コーラ »

トップリーグ第11節 リコー対クボタ

2016.12.10(土) 11時半 秩父宮ラグビー場 

 リコーブラックラムズ 18(8−14)21 クボタスピアーズ
             (10−7)

久々にトップリーグ観戦。第2節以来。

今年の順位とか、全然把握してなかったが、まあ五分五分の試合かなという事前のイメージ。
立ち上がりはリコーに勢いがあって、PGで先制もしたが、安定感のあるクボタがじわっと押し戻した。リコーはよく耐えてはいたが、密集でボールを奪われることが続いて、流れをつかめない。トライ2つを許して逆転される。それでも前半終了間際に22m付近タッチライン際でパスを受けたNO8が走りきってトライを決め、8対14で折り返し。
後半のリコーは前半よりもうまく試合を運べていた気がしたけど、前半頑張りすぎたクボタのペースが落ちたおかげもあったのかもしれない(クボタはどうも応援にかなり動員がかかってたぽいし、気負っていたかもだな)。前半よりもクボタはミスが増えて、オープンな展開になり始めていたので。
リコーが19分にラインアウトからモールで押し込んで逆転。さらにPGで突き放したが、4点差じゃ微妙だし、ここはトライを取りに行くべきじゃなかったかな、と思った。
30分過ぎにクボタは、前半も1トライを挙げた強力なWTB11番がトライに持ち込んだが、その前のプレーでスローフォワードがあって取り消し。しかし35分過ぎ、リコーがクボタ陣内深く攻め込んだ所で反則でボールを失い、そこからクボタが反攻。ゴール前まで追い詰められたリコーは粘ったがあと15秒という所でトライを許してしまった。ゴールも決まり、クボタが18対21で逆転勝利。

五分五分の試合だったのは確かだったかな。内容的にはクボタが優勢だったとは思うんだけど、リコーも十分勝てた試合だったから、リコーにとって残念な結果。まあ、リコーにはよくあることだが…。あれだけ密集で勝てないと厳しいね。
20161210board1
20161210pitch
20161210end1

|

« 関東大学対抗戦A 帝京大対筑波大 | トップページ | トップリーグ第11節 サントリー対コカ・コーラ »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/64634628

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ第11節 リコー対クボタ:

« 関東大学対抗戦A 帝京大対筑波大 | トップページ | トップリーグ第11節 サントリー対コカ・コーラ »