« 「デヴィッド・ボウイ・イズ」 | トップページ | トップリーグ第15節 NTTコム対クボタ »

トップリーグ第14節 リコー対サニックス

2017.1.8(日) 14時 駒沢陸上競技場 

 リコーブラックラムズ 36(17−3)3 宗像サニックスブルース
             (19−0)

開始早々、火災警報器作動のアナウンスが場内に流れる波乱の幕開け(^^;)。まあ、試合はそのままやってたけど、一時、場内放送が混乱していた。警報器は結局誤報だったらしい。

キックオフ前後から雨が降り始め、だんだん強い雨になった。屋根のないバックスタンドで見ていたが、寒かったし、結構つらかった。

試合は、序盤はリコーが優勢に試合を運び、ボールを回して2トライを決めて10点先行。その後、サニックスの時間帯が来たが、リコーは比較的余裕のある守りで、失点をPGの3点に止め、前半終了間際にSOエリソンのキックで大きくゲインしてラインアウトからモールでトライを決めて、17対3の折り返し。
後半はまた立ち上がりにリコーが2トライ。その後もほぼリコーペース。サニックスは反則による2回のシンビンもあって、好機をほとんど作れなかった。ロスタイムに、もう1トライを決めたリコーが、36対3と快勝した。

今年はサニックスが好調なようだったので、もう少し拮抗した試合になるんじゃないかと思っていたが、案外だった。サニックスはトップリーグのチーム相手だと、さすがにやっぱり、トップチャレンジで見たような奔放な試合は出来ないのかなあ、という感じ。
リコーも、このあたりのチームが相手なら、割と貫禄のある試合運びが出来るんだなあ。
20170108board
20170108pitch
20170108end

|

« 「デヴィッド・ボウイ・イズ」 | トップページ | トップリーグ第15節 NTTコム対クボタ »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/64747870

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ第14節 リコー対サニックス:

« 「デヴィッド・ボウイ・イズ」 | トップページ | トップリーグ第15節 NTTコム対クボタ »