« J2リーグ第3節千葉対名古屋 | トップページ | 春季教育リーグ ヤクルト対日本ハム(3/15) »

春季教育リーグ 巨人対ヤクルト(3/12)

2017.3.12 (日) 12時半 ジャイアンツ球場
S 002200004 8
G 35000203X 13
[H]G:脇谷(オーレンドルフ)、中井(岩橋)

フラッグを見るとレフトからライトへの風はそこそこあったようだったが、スタンドで見てる限りは、そんなに感じなくて、陽射しもあったから、快適な感じだった。

先発投手はヤクルトが新外国人オーレンドルフ、巨人は育成のアダメス。
妙に豪華な巨人の野手陣が、やる気も十分で、立上りからオーレンドルフを打ち込んだ。初回は松本と寺内の連打でまず1点、さらに脇谷のツーランでこの回3点。2回も相川・橋本の連打で1点、さらに脇谷・坂口に2点タイムリーを連発され、オーレンドルフはここまでで8失点。3回は三者凡退で抑えたがここまで。
今日の試合を見る限り、オーレンドルフには、あまり期待出来そうな感じがしない。それほど球速が早いわけでもないし(140km台後半の表示はあったが、基本的に140km前後だった)、粘られて甘く入った所を痛打されるパターンが多く、決め球がないように思えた。
一方、ヤクルトも3回表に2走者置いて飯原がフェンス直撃のツーベースで2点を返し、3回には巨人のサード坂口のエラー2つに助けられる形でもう2点。
しかし、4-5回をどうにか無失点で切り抜けた山本哲の後を受けた岩橋が、6回に中井にツーランを打たれ、7回は風張が無失点で抑えたが(今日ヤクルトの投手で、唯一安心感があった)、8回は中島が、サード藤井のエラーも絡んだとはいえ3失点。
打線は5回以降追加点がなかったが、6回から登板した巨人2番手のソリマンが、9回に崩れて、四球を連発し始めると、飯原、原、大村のタイムリーで4点を挙げた。焼け石に水な感じの追加点ではあったけど、まあ、やられ放しよりは良かったのかな。

とはいえ、ヤクルト的に、あんまり見所のない試合だった。飯原のバッティングが好調といっても、2軍でならそこそこ打てるのは、前から分かっていることだしねえ。投手がサッパリというの問題の方が、大きいだろう。
20170312kyujo
20170312board
20170312end
20170312score

|

« J2リーグ第3節千葉対名古屋 | トップページ | 春季教育リーグ ヤクルト対日本ハム(3/15) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65007519

この記事へのトラックバック一覧です: 春季教育リーグ 巨人対ヤクルト(3/12):

« J2リーグ第3節千葉対名古屋 | トップページ | 春季教育リーグ ヤクルト対日本ハム(3/15) »