« 春季教育リーグ 巨人対ヤクルト(3/12) | トップページ | 「キングコング 髑髏島の巨神」 »

春季教育リーグ ヤクルト対日本ハム(3/15)

2017.3.15 (水) 12時 ヤクルト戸田球場
F 000000000 0
S 00000020X 2

ヤクルトの春季教育リーグ最終戦。結局、今年のヤクルトの春季教育リーグは、唯一行かなかった(行くつもりがなかった)ベイスターズ球場のDeNA戦が雨で中止になったので、全試合見に行ったことになる。

雨の懸念があったので、相当久しぶりに、ネット裏席に潜り込んだ(2年ぶりくらい?)。今日は無料だったこともあって。
ちなみに、ものすごく寒かった。あの気温の中で、普通に打ったり投げたりできる選手を尊敬する。選手がヒマな時にポケットに手を突っ込んでるのが目立ったが、あの寒さじゃそうなるよな。

今日の先発はヤクルトが原樹理、日ハムは立田。
原樹理は初回、2死後の3連打で満塁を背負いながら、次打者を三振で切り抜けた。2回もヒット1本とバント処理のミス二つ(記録は内野安打と野選)で今度は無死満塁。しかしこれも三振と投ゴロゲッツーで無失点で凌ぐ。3回4回も得点圏にランナーを送られながら失点を許さず、5回は三者凡退と尻上がりに調子を上げた。いい出来だったと言っていいのかどうか微妙だが、ピンチになってからの捌き方に、一定の安定感があったのは確かだと思う。
日ハムの立田の方はもっといい出来で、ヤクルトは5回まで2安打しか打てず、ランナーを3塁までも送れなかった。
6回から双方の投手が代わり、ヤクルトは由規、日ハムは瀬川。
由規はまずまずだったが、瀬川は制球が悪すぎた。6回は四球3つで2死満塁。ここは得点にならなかったが、7回、先頭の藤井が死球で出て、暴投で2塁へ進み、内野ゴロで3塁へ。ここで渡邉のタイムリーが出て、ヤクルトが先制。さらに代打の原泉がレフト線へツーベースを打ち、渡邉が果敢な走塁で1塁から一気に生還して2-0。
8回表は杉浦が登板し、テンポの良いピッチングで三者三振。ここはえらく格好良かった。オフの結婚がいい影響を与えているのか?(^^;
そして最終回を田川が三者凡退で締めて、ヤクルトが勝った。

春季教育リーグ全体としては、渡邉が打撃好調というのが、一番印象に残っているかな。それから、新加入の榎本と大松は、少なくとも2軍のレベルでは、そこそこやれそうな感じ。飯原はよく打ってるが、元々2軍でなら打てるバッターだしね…。武内はぱっとしない。
投手陣に関しては、原樹理は、すごく良いというほどでもないが、悪くはなさそう。由規は保留。新加入のオーレンドルフは現時点では疑問符。そんな感じか。
20170315kyujo
20170315kyujo2
20170315board
20170315score
20170315end

|

« 春季教育リーグ 巨人対ヤクルト(3/12) | トップページ | 「キングコング 髑髏島の巨神」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65019992

この記事へのトラックバック一覧です: 春季教育リーグ ヤクルト対日本ハム(3/15):

« 春季教育リーグ 巨人対ヤクルト(3/12) | トップページ | 「キングコング 髑髏島の巨神」 »