« J2リーグ第4節名古屋対水戸 | トップページ | 感想「岳飛伝」4 »

イースタンリーグ ヤクルト対西武(3/20)

2017.3.20 (月祝) 13時 ヤクルト戸田球場
L 000010120 4
S 10540502X 17
[勝]由規、[敗]玉村
[H]S:大松(平井)

イースタンリーグの戸田開幕戦。

先発はヤクルトが由規、西武が玉村。
由規は4回までノーヒットピッチング(ただし3回に2四球)、5回に2安打1四球で1点は失ったものの、まずまず安定感のある好投だったと思う。

ただ、由規の出来以前に、西武のピッチャーがボロ過ぎて、試合は早々に壊れてしまった。
先発の玉村は、初回に1四球2安打で、早々に1失点したのはともかく、3回に2死後、3人連続でストレートの四球を出し、さらにもうひとつ四球で押出し。さらに武内のタイムリーと、藤井の走者一掃スリーベースでこの回5点。投手は平井に交代。
しかしこの平井も、4回に山崎のスリーベースの後、上田のタイムリーで1点。さらに四球でランナー2人になった所で、大松がスリーラン。
5回に投げた川越は安定していたが、6回の松本がまた酷くて、いきなり2連続でストレートの四球。1死後四球で満塁。そこで藤井の2点タイムリー、さらに渡邉が2点タイムリーツーベース、上田がタイムリーで、この回5点。
7回の豊田に対しては三者凡退だったが、8回には南川から渡邉と上田がタイムリーを打って、得点を17点まで積み上げた。それでもまあ、南川はまだ、普通にいまいちな出来というくらいだったよ(^^;。

ヤクルトの投手陣については、6-7回を投げた中島が被安打2で1失点だったのはともかく、8回の岩橋が4連打で2失点したのは、ちょっといただけなかった。最終回は山本哲が三者凡退(もっとも、西武の野手は、かなりやる気をなくしてる感じのバッティングだったが(^^;)。

ヤクルトの大勝だったけど、相手の投手が悪すぎたので、ちょっと額面通りには受け取れないと思う。
20170320kyujo
20170320board
20170320end
20170320score

|

« J2リーグ第4節名古屋対水戸 | トップページ | 感想「岳飛伝」4 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65050962

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対西武(3/20):

« J2リーグ第4節名古屋対水戸 | トップページ | 感想「岳飛伝」4 »