« イースタンリーグ ヤクルト対西武(3/22) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(3/25) »

オープン戦 ヤクルト対楽天(3/23)

2017.3.23 (木) 13時 神宮球場
E 000200204 8
S 100000201 4
[敗]館山、[勝]岸
[H]S:荒木(小山)

神宮球場のオープン戦最終戦。今年のオープン戦観戦は2試合で終了。

先発投手はヤクルト館山、楽天は岸。
西武時代の岸にはさんざんやられた記憶があるし、今の館山はそんなに凄いとは思っていないので、大敗もあるかも、と思っていた。
でも先制したのはヤクルト。1回裏にバッテリーエラーで1点。嶋がワンバウンドをこぼした後、ボールを見失ってる間に三走が生還。
館山は、こんないいピッチングを見たのは久しぶりだな、という感じだったが、4回にヒット2本を打たれ、2死1-3塁になった所で、中村のパスボールで失点。さらにウィーラーのタイムリーでもう1点失い、逆転された。以降の館山は、やたらと抜けた球が目立ったが、それ以上の失点をしなかったのはさすが、ということかな。6回途中で、球数が100球近くなった所で交代。この回は中澤が終らせた。
しかし、ヤクルトは7回以降の投手が不調。7回は原樹理が4安打2失点。8回の村中は悪くない出来だったが、9回は平井諒が4安打3失点し、近藤がリリーフしたが、野選でもう1点。
ヤクルト打線は5回までは岸、6回は高梨に抑えられていた。3点差に開いた7回に小山から、荒木がソロホームランを打ち、さらに連打でチャンスを広げたが、飯原の併殺打の間に1点追加しただけで追い付けない。
点差が大きく広がった最終回に、菅原からバッテリーエラーで1点取ったが、それでおしまい。

経過はともあれ、やっぱり大敗だったか(^^;)

投手は、館山と村中は、実績込みで、ある程度計算出来そうな気がしたけど、原樹理と平井はちょっとね。特に原樹理に関しては、春季教育リーグでも見ているし、その印象も含めて、あんまり期待できない気がしている。
打線に関しては、まあ、そこそこ打ててはいるし、この後、中核2人が戻ってくるんだから(しかも風の噂では、どっちも調子はいいみたいだし)、そんなに心配はいらんのだろう。
20170323kyujo
20170323board
20170323end
20170323score

|

« イースタンリーグ ヤクルト対西武(3/22) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(3/25) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65057457

この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦 ヤクルト対楽天(3/23):

« イースタンリーグ ヤクルト対西武(3/22) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(3/25) »