« 感想「アナキズム入門」 | トップページ | イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(3/30) »

イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(3/29)

2017.3.29 (水) 13時 ロッテ浦和球場
S 00000000000  0
M 00000000001X 1
[敗]田川、[勝]金森

先発はヤクルトが山中、ロッテはスタンリッジ。
山中は開幕の先発ローテに入ってるはず。今日投げたということは、来週水曜(京セラドームの阪神戦)の先発じゃないかな。
3イニングを投げて、1四球は与えたがノーヒット無失点の安定した内容。特に問題は無さそう。4回からは中島が3イニング投げて、これも1安打無失点。7回は中澤が三者凡退。
しかし、打線が得点出来ない。初回と2回に先頭打者が出て無死1塁としたが、二回とも三振ゲッツーでフイにした。5回には1死1-3塁にしたが、一ゴロで3塁走者が飛び出して挟殺され逸機。6回の連打による無死1-2塁も後続が抑えられ2死満塁までは持って行ったが無得点。スタンリッジは結構球がばらついていて、6回まで投げて6四球と、あんまり安定感はなかったんだが、崩し切れなかった。ヒットも5本打ったんだが、肝心な所で出なかった。
これだけ拙攻が続くと、流れが相手チームに行ってしまうもんだけど、ロッテもなかなか得点出来ない。8回裏に山本哲が2死後に四球とツーベースで2-3塁とされ、この試合で初めて3塁に走者を背負ったが、後続を打ち取って切り抜けた。次に登板した風張は、9回と、ヤクルトも得点出来なかったので、スコアレスのまま延長に突入した10回を三者凡退に抑え込んだ。
11回表は振逃げを振り出しに、ランナーを2塁に送ったが得点できず、ヤクルトの勝ちが消えた。
11回裏は田川が登板。先頭の細谷を四球で出すと、次打者の三家の犠打で細谷が一気に3塁を陥れた。ヤクルトの内野の守備陣は意表を突かれた感じ。そして柴田にレフトへの大きいフライを打ち上げられ、これが犠飛になって、この回ノーヒットでのサヨナラ負け。

負け試合ではあるが、投手陣が総じていい出来だったから、まあいいか、という感じではある。特に山中が良かったというのは重要だし。
ただ、拙攻の山はちょっとひどすぎた。ちなみに、故障明けの川端がDHで出場したが、4打席2打数無安打2四球。いい場面はなかった。守備に就いてもいないし、完全復帰まではまだ少しかかるのかな。
20170329kyujo1
20170329kyujo2
20170329end
20170329score

|

« 感想「アナキズム入門」 | トップページ | イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(3/30) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65083156

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(3/29):

« 感想「アナキズム入門」 | トップページ | イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(3/30) »