« J2リーグ第2節名古屋対岐阜 | トップページ | 「ナイスガイズ!」 »

春季教育リーグ ヤクルト対西武(3/5)

2017.3.5 (日) 12時半 ヤクルト戸田球場
L 000005000 5
S 004001000 5

2日続けて戸田球場。風が冷たいのは相変わらず。

先発はヤクルトが館山、西武は誠。
館山は毎回ランナーを出しながら、後続を断って凌ぐという投球で4回無失点。投球術で何とか抑えているという感じで、安心感があるとは言い難いが、昨年、故障から戻ってからの館山は、完璧に抑えるピッチングはほとんど出来ないし、こんなもんだろうな、と思う。そういう意味では、順調に来てはいるのかな。
その間に、3回、打線が誠に集中打を浴びせて、一気に4点を先行した。
しかし5回から登板した由規が6回に炎上。6安打を食らって5点を失い、逆転された。
けれども、その裏、内野手のエラーで出塁した三輪が、内野ゴロと暴投で3塁へ進んだ後、渡邉が四球で出て、2死1-3塁。ここで渡邉が二盗。西武の捕手が2塁へ送球した間に三輪が本塁を陥れて同点。ここは捕手(この回に交代して入ったばかりだった藤澤)の判断ミスだったと思う。
その後、西武は主に四球で何人か走者を出したものの攻めきれず、ヤクルトも最終回に奥村がヒットを打った以外は音なしで、5-5のまま終了。

館山はともかく、由規はかなり不安の残る内容だったと思う。由規は7回までで、8回からは土肥が登板したが、彼も四球が多く、野手の守備に助けられての投球で、不安定感は否めなかったと思う。
20170305kyujo
20170305board
20170305end

|

« J2リーグ第2節名古屋対岐阜 | トップページ | 「ナイスガイズ!」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/64976966

この記事へのトラックバック一覧です: 春季教育リーグ ヤクルト対西武(3/5):

« J2リーグ第2節名古屋対岐阜 | トップページ | 「ナイスガイズ!」 »