« オープン戦 ヤクルト対楽天(3/23) | トップページ | J2リーグ第5節松本対名古屋 »

イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(3/25)

2017.3.25 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
B 000000000 0
S 00000140X 5
[勝]中島、[敗]砂田

土手の上で見ていたが、風がそれほど強くなかったこともあって、さすがにいくらか暖かかった。時間が遅くなるにつれて、風が冷たくなり、寒くなったが。

先発投手はヤクルトが土肥、DeNAが田村。
多少のもたつきはあるものの、双方の先発投手がまとまりのあるピッチングで試合を作り、DeNAの投手は4回から尾仲に代ったが、彼も流れを維持して、0-0のまま5回を終えた。
6回に双方が投手交代して、ヤクルトは中島、DeNAは砂田。DeNAはキャッチャーも、亀井から黒羽根に代ったが、これが失敗だった感じ。
6回裏先頭の比屋根が、ファールで粘った末に四球で出塁。廣岡のヒットで3塁へ進む。ここで大松が三ゴロ。比屋根が本塁へ突っ込んでいたので、サードは本塁へ送り、球審はアウトのコールをしたが、ヤクルトの抗議で審判団が協議。その結果、黒羽根が本塁ベースをブロックしていたとして、コリジョンルール適用で、比屋根は生還となって、ヤクルトが先制。
7回裏は1死1-3塁で1塁走者の山崎が盗塁。黒羽根の2塁送球が逸れてセンターへ抜け、3塁から原が還って2点目。その後、大松・渡邉のタイムリーが出て、この回4点。砂田のピッチングは、粘ってれば歩かせてくれる感じで、黒羽根の調子の悪さと合わせ、ヤクルトの攻撃をアシストしてくれちゃっていた感じ。
中島もちょっと不安定な感じはあったが、2イニングをなんとか無失点で切り抜け、後は岩橋・山本哲のリレーで締めくくって、ヤクルトが完封勝ちした。

土肥の先発って、あまり見たことがない、と思ったが、確認してみると、少なくとも昨年の夏に2回見ていたことが分かった。ただ、その時も、あまりいい内容ではなかったみたい。今年も、他の試合で中継ぎで投げているのを見ているが、その時も特別いい印象はなかったから、今日は予想外に好投した、という感じ。
得点に関しては、DeNAの自滅ぽかったとはいえ、7回に打線できっちり攻められたのは良かったと思う。ちなみに、廣岡と大松が複数安打で好調だった。廣岡は守備でもいい動きをしていて、好プレーがあった。今年は期待出来そうな気がする。
20170325kyujo
20170325board
20170325end
20170325score

|

« オープン戦 ヤクルト対楽天(3/23) | トップページ | J2リーグ第5節松本対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65065858

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(3/25):

« オープン戦 ヤクルト対楽天(3/23) | トップページ | J2リーグ第5節松本対名古屋 »