« 春季教育リーグ 楽天対ヤクルト(3/7) | トップページ | 春季教育リーグ 巨人対ヤクルト(3/12) »

J2リーグ第3節千葉対名古屋

2017.3.11(土) 14時 フクダ電子アリーナ
観客 13877人 主審 西村雄一 副審 名木利幸、平間亮

 ジェフユナイテッド市原・千葉 2(1−0)0 名古屋グランパス
                (1-0)

 得点 44分 千葉・西野
    90+3分 千葉・清武

8年ぶりのフクアリでの試合。現地観戦。

名古屋は前2節から先発をいじってきて、ボランチは小林の代わりに宮原を上げて、空いたバックラインに大武。玉田を押谷に代えていた。前節の出来を考えると、理解出来る変更ではあったと思う。

序盤、千葉のバックラインの裏を取って、寿人がゴール前に抜け出す決定機が生まれたが決められない。寿人には決められない呪いがかかってるみたい。
千葉のバックラインは、結構簡単に裏を取れそうで、実際好機も何度か生まれたが、今一つ噛み合わなくて決められない。
とかやってるうちに、千葉のペースが上がり始めて、名古屋がボールを持てなくなってきた。見た感じ、千葉は先週の岐阜に比べればプレスのスピードも強さも緩いように思えたけれど、それでも全然ダメ。千葉がフィニッシュを失敗し続けてくれて、何とか助かっていたが、前半終了間際にFKからゴール前にヘッダーできれいに決められて失点。

後半はワシントンをボランチにして、宮原をサイドに回したが、前半以上に何も出来なかった。千葉に何度も決定機を作られ、紙一重で耐える展開が続く。攻撃は中盤でミスしてボールを失うので、ほとんどシュートまで持っていけないし。
最後の方になってから、和泉が右サイドを抜いて、出したボールをワシントンがゴール前のフェリペガルシアに合わせたが、シュートは枠を外れた。そしてロスタイムが終わる寸前に、カウンターを食らって止めの失点。0対2で終了。

前節はシモビッチ投入で流れを変えて、最低限の結果を残したけれども、今日はベンチにも居なかった(故障らしい)のが、残念だった。

相手の厳しさ以前に、自分たちのミスが多すぎたと思う。そういう意味では自滅なんだけど、そもそも選手の能力レベルが、やろうとしているサッカーに追い付いていないのでは、という感じがかなりする。特に八反田のボランチはなあ、と思うけど、このポジションは、あれこれ試行錯誤してる所を見ると、なかなか打開策も見つからなそう。田口の復帰待ちかもしれないけど、彼が戻ればOKというほど簡単でもないだろうなあ。
岡山戦で、それなりにパスサッカーが機能していて、安心してた部分もあったけれど、全くパスを回せないここ2試合を見る限り、どっちかといえば、岡山の状態が悪すぎたということだったらしい。やっぱりJ2は甘くない。

相当先行きは厳しそう。ある程度、予想してた事態ではあるが…。
20170311pitch
20170311board
20170311maco
20170311end

|

« 春季教育リーグ 楽天対ヤクルト(3/7) | トップページ | 春季教育リーグ 巨人対ヤクルト(3/12) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65007573

この記事へのトラックバック一覧です: J2リーグ第3節千葉対名古屋:

« 春季教育リーグ 楽天対ヤクルト(3/7) | トップページ | 春季教育リーグ 巨人対ヤクルト(3/12) »