« イースタンリーグ ヤクルト対西武(3/20) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(3/22) »

感想「岳飛伝」4

「岳飛伝」4 北方謙三 集英社文庫
金と南宋が激戦を繰り広げる巻。その傍らで、梁山泊が淡々と足場固め。

年寄りが、昔はこんな凄い豪傑がいた、と語るが、若いもんは、俺らには関係ないし、的な反応をする、という場面が、いくつかあったような。今までは、昔の伝説的な人物たちは、基本的に敬意を持って語られる感じだったのが、少し変わってきたかもしれない。時代の変化というのを、ぞうやって表現している気がする。
まあ、現実問題としても、年寄りが若いもんに昔話ばっかりするのは、見苦しいやね。自分も気を付けようと思う。
にしても、初期からの登場人物が、徐々に消えていこうとしているのは、やっぱり少し寂しい。白勝とか、最初に登場した時は、ここまで息の長いキャラになるとは思わなかったな。
(2017.3.10)

|

« イースタンリーグ ヤクルト対西武(3/20) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(3/22) »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65051047

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「岳飛伝」4:

« イースタンリーグ ヤクルト対西武(3/20) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(3/22) »