« 鳴門、徳島(その2) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(4/19) »

イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(4/18)

2017.4.18 (火) 13時 ヤクルト戸田球場
F 300200150 11
S 000010020 3
[敗]館山、[勝]立田

晴天で、朝方の雨の影響はなく、風もそんなに強くない、いいコンディションだった。ただ、ちょっと暑かった。

先発投手はヤクルトが館山、日本ハムは玉井。
館山は初回、いきなり連打と四球で無死満塁のピンチ。続く大嶋にレフト原の頭上を破られ、2点タイムリーツーベース。もっとも、ここは原の守備がバタバタで、うまいレフトなら1失点で済んだかもしれないが…。さらに高濱に犠飛を上げられ、早々に3失点。
2回3回は三者凡退に切り抜けたものの、いい当りをやたらと打たれていて、打球の飛んだコースが良くて助かってた感があった。
4回には四球と投ゴロエラー(2塁への悪送球)で出したランナーを、石川亮の2点タイムリーで返される。
7回にも太田賢のタイムリーでもう1失点。この回で降板したが、被安打9与四球4だから、決していい内容ではなかった。

打線は低調。日ハムは細かく投手を変えてきて、3回までは玉井、4回は石井裕に抑えられる。5回に3番手立田から、山川・坂口の連打でようやく1点取ったものの、6回は先頭打者を四球で出しながらゲッツーで逸機。
7回から出て来た屋宜が、今日の日本ハムのピッチャーでは一番攻略出来そうな雰囲気があったが、7回裏の2死1-3塁のチャンスを逃すと、8回表に登板した中島が炎上した。ヒット3本四死球2つに、バッテリーエラー、ここでこぼれた球の返球がさらにこぼれるエラーなどで5失点。8回裏にようやく武内・渡邉のツーベース2本などで2点取ったものの、焼け石に水。
9回表は風張が三者凡退に片付けたが、9回裏は瀬川相手に、代打・飯原がヒットを打ったものの、後が続かず試合終了。3-11の大敗。

館山は、すぐ1軍に戻ることはなさそうだな、という感じ。それにしても、今のヤクルトは打てないし、守備もあまりいい所がない。今日はエラーにはなってないが、判断ミスで取り損ねたアウトがだいぶ目立った気がする。
20170418kyujo
20170418board
20170418end
20170418score
土手下の桜は終了。
20170418sakura

|

« 鳴門、徳島(その2) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(4/19) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65168499

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(4/18):

« 鳴門、徳島(その2) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(4/19) »