« セリーグ ヤクルト対広島(4/21) | トップページ | J2リーグ第9節名古屋対山口 »

イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/22)

2017.4.22 (土) 13時 ヤクルト戸田球場
E 000003000 3
S 000000010 1
[敗]中島、[勝]藤平、[S]入野
[H]S:藤井(久保)

先発投手はヤクルト中島、楽天は藤平。藤平は、昨年のドラフト1位指名の投手だそうで。
ヤクルトは、昨日、神宮に居たはずの選手が3人もスタメンに入っていて、昨日とかなり様変わりしていた。ただ、1軍からの選手が何人も居た割に、打線はぱっとしなかった。まあ、1軍こそ、さっぱり打てなくて困ってるんだから、不思議はない。その調整のために戸田に来たんだろうし。
7回まで投げた藤平に対して、ヒットは、4回の廣岡のレフト前ポテンヒット1本だけ。あとは四球が2つ。出塁はそれだけ。さすがドラフト1位。もっとも、ヤクルトの場合は、ドラフト1位でも、必ずしもそうでもないんだが。
中島も、そこそこヒットは打たれるものの、それで崩れることはなく、5回まで無失点で切り抜けていたが、6回に先頭打者をヒットで出した後、次打者に投ゴロを打たせた時、ゲッツー狙いで2塁に投げるかどうか迷った末、1塁へ投げたら悪送球になってセーフ。そこで北川にセンターオーバーのスリーベースを打たれ2点を失い、さらに山田の犠飛でもう1失点。
7回以降は、近藤、中澤、土肥が1回づつ無失点で抑え、8回裏には藤井が、藤平から代わった楽天2番手の久保から、ライトへホームランを打ち込んで2点差に迫った。9回裏は3番手入野に簡単に2死を取られたが、グリーンが四球で出て、武内がヒットで2死2-3塁とした。一打同点になったが、藤井が投ゴロに打ち取られて終了。

まあ、今日は藤平を褒めるしかないかな、という気はした。速い球でも遅い球でも勝負できて、ピッチングに幅のある、いい投手だなと思った。
20170422kyujo
20170422board
20170422end
20170422score

|

« セリーグ ヤクルト対広島(4/21) | トップページ | J2リーグ第9節名古屋対山口 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65184576

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/22):

« セリーグ ヤクルト対広島(4/21) | トップページ | J2リーグ第9節名古屋対山口 »