« 感想「岳飛伝」5 | トップページ | 感想「されど時は過ぎ行く」 »

イースタンリーグ 西武対ヤクルト(4/25)

2017.4.25 (火) 13時 西武第2球場
S 030200000 5
L 10121030X 8
[敗]村中、[勝]岡本、[S]岩尾
[H]S:大村(今井)

西武第2は今年は初めて。晴れていて、だいぶ暑かった。

先発投手はヤクルトが館山、西武は今井。
先に失点したのは館山。1回裏に4安打で1失点。たった1失点なのは、西武が拙攻だったからだが、その辺に館山の投球術的なものが生きているかな、という気はする。
今井(ドラフト1位の新人)も、制球がボロボロで、初回は2四球出しながら併殺で凌いだが、2回、廣岡のヒットの後、大村がライトへ1号ホームラン。今年加入の育成選手だから、プロ入り1号ってところか。小柄な選手なんで、オーバーフェンスはちょっとびっくりしたが(ただし、結構打撃がいいのは見ている)、とにかくこれで逆転。さらに渡邉がヒットと盗塁で2塁へ進み、三輪のタイムリーで3点目。ちなみに、渡邉はこの盗塁の時に捕手の送球が肩?に当たった影響でか、3回表終了で交代した。
館山は3回裏に木村昇にスリーベースを打たれ、内野ゴロの間に生還されて2-3。
4回表にはヤクルトが西武2番手玉村を攻め、2安打1四球で無死満塁から、藤井のタイムリーで2点追加し2-5。
しかし4回裏の館山は、四球とヒットでランナーを溜めて、中田にタイムリーを打たれ3-5。続く水口は二ゴロに打ち取ったはずが、渡邉に代わってセカンドに入っていた奥村が後逸するエラーで4-5。
そして5回裏にはヒット2本で2死1-2塁から、山田にタイムリーを打たれて、とうとう同点。
館山は6回まで投げて11安打を打たれた。ピンチに立った時、うまく内野ゴロを打たせたり、西武が重盗を仕掛けて来た時は、捕手の送球をカットして、飛び出したランナーを刺したり、状況判断の確かさを感じる場面は相変わらず多かったが、ヒットや四球からピンチを作ってしまう場面が多過ぎた。回数が多ければ、館山の技で凌げない場面も、自然に出てくるわけで。野手のエラーなど、必ずしも本人の責任でないことだって起きるし。結局、ピンチになる場面を減らしていかないと、勝てる投手には戻れないような気がする。
7回裏は、館山に代わって村中が登板したが、いきなり連打でランナーを2人背負った。2死は取ったが、その後、山田に2点タイムリーを打たれて勝ち越された。さらに鈴木のタイムリーでもう1失点。8回裏は岩橋が投げて、これも四球二つとヘタレ気味だったが、失点は免れた。
しかし、西武が5回から登板させた岡本が、8回まで安定したピッチング。9回に登板した岩尾に対しても、2安打を打ったものの攻めきれなかったヤクルトは、追加点を奪えず、そのまま終了。

ヤクルト的には、最大の見所は大村のホームランだったなあ、という感じ。その割に3時間半弱と長い試合だったので、ちょっとめんどくさかったな。
20170425kyujo
20170425end
20170425score

|

« 感想「岳飛伝」5 | トップページ | 感想「されど時は過ぎ行く」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65198975

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ 西武対ヤクルト(4/25):

« 感想「岳飛伝」5 | トップページ | 感想「されど時は過ぎ行く」 »