« 感想「岳飛伝」6 | トップページ | J2リーグ第10節群馬対名古屋 »

セリーグ ヤクルト対巨人(4/28)

2017.4.28(金) 18時 神宮球場
G 402100000 7
S 000000000 0
[敗]石川、[勝]マイコラス
[H]G:マギー(石川)、石川(石川)

先発投手はヤクルト石川、巨人マイコラス。
石川はいきなり四球と2安打で1失点。1死を取った後、マギーにレフトスタンドへ放り込まれて、いきなり0対4のスタート。このホームランは真中がファールをアピールしたが、ビデオ判定でも覆らず。
マイコラスもそんなによくなかった感じで、ヤクルトも1回2回とヒットでランナーを溜めたが、タイムリーが出ない。
そうすると3回表に石川が、巨人の石川にレフトスタンドへ完璧な当りのツーランを打たれ、0対6。
石川は、4回表にも1点を失い、この回で降板。
マイコラスも毎回のようにランナーを出し続けたが、ヤクルト打線は付け込むことが出来ず、6回まで無得点。
7回に巨人の投手が篠原に代わった所で、振逃げとヒットで1死1-2塁。そこで山田がライトスタンドへスリーラン…、と思ったら、またビデオ判定。今度は判定が覆ってファール。結局山田は四球で、満塁になったが、バレンティンが併殺打で得点出来ない。
8回も四球2つでチャンスは作ったが得点出来ず、9回も見せ場なく、完封負けで終了。

ヤクルト的には、かなりしょうもない試合。立ち上がり、両先発投手の不安定さで、やたらと長引いていた割に、試合時間が3時間以内で収まったのが、せめてもの慰め。
まあ、5回以降の継投で、ギルメット・近藤・山本哲が完封出来たのは、とりあえず良かったと思うが。それにしても、イースタンで見慣れた顔触れの勢揃いだったな。

ビデオ判定がなければ、テツトのホームランで3点は取れてたんだけど。それにしても、ボールがポールの向こうとこっちのどっちを通ったかって、案外、わからないもんだわ。ライトスタンドの、ポールに割と近い位置で見てたのに、完全にポールの向こう側(フェア側)を巻いてスタンドに入ったと思っていた。まあ、ラグビーのキックを見ていても、成功と失敗をしょっちゅう見間違えてるから、不思議はないが。
でも少なくとも、ポールの真後ろで見てた観客は分かっていたはずだよね。
20170428kyujo
20170428board
20170428end
20170428score
20170428jamito

|

« 感想「岳飛伝」6 | トップページ | J2リーグ第10節群馬対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65211231

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対巨人(4/28):

« 感想「岳飛伝」6 | トップページ | J2リーグ第10節群馬対名古屋 »