« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/5) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(4/7) »

イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/6)

2017.4.6 (木) 13時 ヤクルト戸田球場
G 030000101 5
S 000000200 2
[敗]近藤、[勝]今村、[S]篠原

センターからホームベース方向に暴風が吹いていて、投手は追い風だった。なにしろ、土手の上で見ていたが、時々風に飛ばされそうになったし、ファウルボールが土手の上の方までやたらと飛んできた。影響は確実にあったと思う。

先発投手はヤクルト近藤、巨人が今村。
近藤は、2回にギャレットと北の連打で走者を二人背負い、堂上の右飛で1死1-3塁。しかし、次の辻を二ゴロに打ち取りゲッツー、と思ったら、セカンド渡邉がポロリ。ギャレットが還って先制点を許した。その後、柿澤に2点タイムリーを打たれ、この回3失点。しかし、3回以降はよく投げた。長い回を安定して投げられないという印象があったが、6回まで無失点で凌いだ。7回にとうとうつかまり、4安打で1点を失ったものの、4安打のうち3本が内野安打で、もう少し内野手が好守を見せてくれれば、という感じの打たれ方だった。
そう思ったのは、巨人の今村が6回2死までパーフェクトを続けていたから。今村自身もいい投球をしてたとは思うが、難しい内野ゴロを巨人の内野陣が次々きっちりアウトにしていた。ヤクルトの内野だったら、早々にパーフェクトは終わっていたと思う。
ちなみに、6回の3人目の山川がライト前にヒットを打って、パーフェクトを終わらせた。今日は所用があって、試合を最後まで見ていられないのが確実だったので、ヒットが出てほっとした。パーフェクト継続中だってのに、立ち去るなんて、とても考えられなかったから(^^;。
今村は集中が切れたか、7回のヤクルトは廣岡・山崎の連打と飯原の四球で無死満塁のチャンスを作った。続くグリーンの併殺打の間に1点。さらに比屋根のタイムリーでもう1点。2-4になった。2点差なら、まだ逆転の可能性はあるな、と思いつつ、ここで撤退。

実際はヤクルトは追加点なく、逆に9回表に風張が1失点して2-5で終わったらしい。

渡邉は昨日もタイムリーエラーをやらかしていたし、かなり守備に問題がある。もっとも、山田哲人だって、守備はボロボロだけど、打力を買われて1軍で起用されるようになったわけだし、今は当時よりもずいぶんうまくなっているから、そんなに悲観したものではないかもしれない。もちろん、それには守備に目をつぶるだけの他の売りが必要なわけだけど。それなりに打力は見せていると思うが、まあ、まだまだだろう。
近藤は、今まで見た中では、一番いい出来だったんじゃないかと思う。
20170406kyjo
20170406board
20170406score
20170406kondo
土手下の桜はかなり満開な感じになってきた。
20170406sakura3

|

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/5) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(4/7) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65118418

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/6):

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/5) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(4/7) »