« 感想「最古の文字なのか?」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(4/28) »

感想「岳飛伝」6

「岳飛伝」6 北方謙三 集英社文庫
帯にでかでかと「岳飛、死す」と書いてあって、タイトルロールの主役が、話が半分もいかないうちにいなくなっちゃうの?と思って、ビックリしたんだけど、そういう手で来たか、という感じ。史実では岳飛が非業の最期を遂げているというのは聞いていたが(このタイミングで、というのは把握してなかった)、それを逆手に取ったというところか。これで、ここから先は、それこそ楊令のように、著者が好きなように書けるわけだ。さすがだね。
ちなみに、ここで重要なポイントになっている太子晉の件は、元々、「楊令伝」の真ん中辺くらいに出て来た話と記憶しているけれど、その時点で既に、ここで使うという構想が出来ていたんだろうか。だとしたら、北方謙三の構想力って、大したものだなと思う。もっとも、そうでなかったら、これほど巨大な作品は書けないか。

徐々に最終決戦へ向かうプロットが引き始められている、という感じがする。

|

« 感想「最古の文字なのか?」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(4/28) »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65208135

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「岳飛伝」6:

« 感想「最古の文字なのか?」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(4/28) »