« J2リーグ第6節名古屋対熊本 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/5) »

セリーグ ヤクルト対DeNA(4/2)

2017.4.2(日) 13時 神宮球場
B 1020100000  4
S 2020000004X 8
[勝]秋吉、[敗]田中健
[H]S:山田(濱口)、鵜久森(須田)

今年初めてのセリーグ公式戦観戦。

先発投手は、ヤクルトが新外国人オーレンドルフ、DeNAは濱口。
オーレンドルフは春季教育リーグでヒドいピッチングをしてるのを見てるので、あんまり信用ならんなあと思っていたが、初回、いきなりロペスにタイムリーを打たれて1失点。
その裏、DeNAショート倉本のエラーが絡んで、バレンティンのタイムリーなどで2点取って、ヤクルトが逆転したが、オーレンドルフは3回に暴投2発で2点を失い、また逆転。
その裏、山田のツーランでヤクルトがまたひっくり返したが、5回表にもロペスのタイムリーで1点を失い同点。オーレンドルフは6回4失点で降板。どうにも失点が止まらず、ポジティブな評価が出来る内容じゃなかった。もっとも、下位打線はきっちり抑えていたから、大崩れはせずに済んでいた。そういう意味で、全く力がない選手というわけではないと思うので、慣れてくれば、そこそこやれるのかもしれない。ただ、凄く球が速いとか、そういう特徴はなさそうなので、配球で抑えていく投手じゃないかと思う。キャッチャーとのコミュニケーションが重要じゃないんだろうか。中村次第かもしれない。だとすると、ちょっと懸念がある(中村のそういう能力はあまり信用してないので)。

その後のヤクルト投手陣は、7回にルーキ、9回に石山が2死満塁のピンチを迎えたが、どちらも何とか凌いだ。
打線は8回に2死2-3塁、9回には1死満塁で次打者は山田・バレンティンというビッグチャンスを作ったが、得点出来ずに延長へ。
10回表を秋吉が三者凡退で軽く片づけた後、10回裏はDeNAの田中健に対して、1死後、畠山がヒットで出て、中村が死球、さらに西浦四球で満塁。ここでリリーフの須田から、代打・鵜久森が初球をレフトスタンドへ打ち込んで、サヨナラ満塁ホームラン。
ファンクラブの応援選手(選手がお立ち台に上がるとポイントが貰える)を鵜久森にしてたから、西浦の打席の時点で、鵜久森が代打で出て来る準備をしてるのを見た時点で、来た来た、という感じだったんだけど(犠牲フライでもサヨナラの場面だったからね)、さすがに満塁ホームランまでは考えなかった(^^;。やってくれたわ。

正直、拙攻の応酬だったし、得点もエラーや暴投が絡んだものが多く、内容的にはショッパイ試合だったし、試合時間も4時間と長すぎ。デーゲームだったから辛抱できたというところだったけど、代打満塁サヨナラホームランなんて、そうそう見れるもんでもないし、辛抱しといてよかったとは思った。
20170402kyujo
20170402board
20170402encho
20170402score
20170402end
20170402ugu1

|

« J2リーグ第6節名古屋対熊本 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/5) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65102202

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対DeNA(4/2):

« J2リーグ第6節名古屋対熊本 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/5) »