« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/22) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/23) »

J2リーグ第9節名古屋対山口

2017.4.22(土) 14時 パロマ瑞穂スタジアム
観客 8883人 主審 家本政明 副審 三原純、堀越雅弘

 名古屋グランパス 0(0−2)2 レノファ山口
           (0-0)

 得点 34分 山口・小野瀬
    36分 山口・小塚

2時間遅れでDAZNの中継を見た。

前節からメンバーをがらっと変えて、システムも変えていた。中継の説明では、4バックで左から宮原・酒井・櫛引・杉森。中盤は田口と八反田と内田の3ボランチみたいな感じ。前に玉田と押谷とシモビッチ。前節の出来への反省というのは理解したし、これでどれだけ変わるのかなと思った。
序盤は押し込んで、得点機も作った。序盤から主導権を握った試合が出来るのは珍しいので、山口があんまり勝ててなくて、下位に沈んでいるってのもあるにしても、いろいろいじった効果が出たのかなと思って見ていた。
でも、15分頃から雲行きが怪しくなった。15分過ぎから山口に攻められる時間帯が増えて来て、枠に当たるシュートを2発食らった。25分過ぎには、早々に杉森を和泉に代えたんだが、和泉は全治6週間とか言ってたのに、大丈夫なのか? 膝にはがっちり包帯を巻いていたし、無茶するよな。本当に大丈夫ならいいんだけど。
でも、この交代も効果なく、山口に傾いた流れを変えられないまま、34分に先制ゴールを決められ、2分後にも追加点。
その後は、ほとんど書くこともないな(^^;。不調とはいえ、守備の手堅さでは結果を残し続けているらしい山口に、2点リードされたら、とても勝ち目はないという試合になった。がちがちに守られて、ボール支配率では上回っても、決定的な場面すら、ほとんど作れなかった。その分、ファールを受けてFKという場面は多かったから、せめてセットプレーで、もう少しなんとかならんかと思ったが、田口からいいボールがほとんど入らなかった気がする。
まあ、ひどい試合だった。千葉戦以来の敗戦で、スコアも一緒だけど、あの時よりも、いろんな意味でがっかりした。

正直、前節から変え過ぎたんじゃないかと思う。前節がひどい内容だったのは確かだけど、それでも2点は取って引分けだし、勝ち切れる可能性も十分あった試合だった。ここまで根本的に変えてしまうのは、かえって逆効果だったんじゃないかな。
ここまでの試合を見ていると、現状の3バックが、サイドからの速い仕掛けに苦しんでいるのは否めないし、何か対策を考える必要があったとは思うんで、テストするのによいタイミング、というのはあったのかもしれない。安定して出場出来ている選手への刺激(もしくは、控えに定着しかけている選手に機会を与える)、という意味もあったのか。でも、全部裏目に出たと思う。ディフェンスは簡単に崩されてしまったし、前節、うまく行っていた攻撃も、永井とフェリペガルシアを先発から外したことで、機能しなくなってしまっていた。
成算があってやったことにしては、あまりにも脆過ぎたので、相手が不調の山口なら、多少ギャンブルに出ても、何とかなるという読みもあったのかな、とも思った。いくらか、相手を軽く見てた所があったんじゃないかな、と。

群馬戦はどうするんだろうな。ここも下位に沈んでるチームだが、似たようなテストを、もう1試合やるんだろうか。ここでも失敗すると、だいぶやばくなってきそうな気がするけど。

|

« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/22) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/23) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65207432

この記事へのトラックバック一覧です: J2リーグ第9節名古屋対山口:

« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/22) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/23) »