« J2リーグ第13節大分対名古屋 | トップページ | J2リーグ第14節名古屋対町田 »

イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/14)

2017.5.14 (日) 13時 ヤクルト戸田球場
F 000000000 0
S 00000320X 5
[勝]平井、[敗]吉田

先発投手は日本ハムが吉田。ヤクルトは高橋だったが、今日のヤクルトは1回ごとに投手を代える継投だったので、1回しか投げていない。昨日は中止だったし、明日は休みだから、ピッチャーの登板間隔を空けたくなかったのかな。先発起用以外の投げられるピッチャーを端から投げさせた、みたいな感じ?
この継投に戸惑った、のかどうかはわからないが、日本ハムは初回先頭の杉谷がツーベースを打ったものの、その後は音無し。6回までパーフェクトで抑え込めた。
ヤクルト打線も、吉田から散発でヒットを打つものの、3回裏に四球と内野安打から2死2-3塁を作った以外は、5回まで、めぼしいチャンスはなかった。
しかし6回裏、今浪と飯原のヒットで1死1-3塁のチャンス。次打者の大村は一ゴロに打ち取られた、と思ったら、ファースト今井が大きくはじいて、今浪が還って先制し、飯原は3塁まで進んだ。続いて、渡邉がスクイズを決めて2-0。さらに奥村のタイムリーで3点目。
7回表は村中が森山にツーベースを打たれたが、失点せずに切り抜けた。
7回裏の日本ハムの投手は上原。比屋根のツーベース、今浪四球の後、飯原のタイムリーツーベースで2点追加。
8回表のオーレンドルフは、四球2つと、やや怪しかったが何とか抑え、最終回の山本哲も、ヒットは1本打たれたが、きっちり抑えて完封で終了。

ちなみにヤクルトの継投は、高橋→菊沢→土肥→久古→風張→平井→村中→オーレンドルフ→山本哲。勝ち投手は6回に投げていた平井諒。いろんなピッチャーが見られたのは、豪華といえば豪華(^^;。

一昨日に引き続き、今日も日本ハムの守備の乱れに乗じて勝ったかな、という気はしないでもない。
20170514kyujo
20170514board
20170514end
20170514score

|

« J2リーグ第13節大分対名古屋 | トップページ | J2リーグ第14節名古屋対町田 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65279146

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/14):

« J2リーグ第13節大分対名古屋 | トップページ | J2リーグ第14節名古屋対町田 »