« 感想「明治維新という幻想」 | トップページ | J2リーグ第15節愛媛対名古屋 »

セリーグ ヤクルト対阪神(5/21)

2017.5.21(日) 18時 神宮球場
C 002000300 5
S 021010000 4
[敗]ルーキ、[勝]桑原、[S]ドリス
[H]S:バレンティン(小野)、坂口(小野)、T:高山(星)、上本(星)

交流戦前、最後のホームゲーム。
プレイボールギリギリで入った。途中、千駄ヶ谷駅前でチケット完売の看板が出ているのを見て、ファンクラブの自由席券で入るつもりでいたから、大丈夫かなと思ったが、問題なく入れた。

先発投手はヤクルト星、阪神小野。
先制は2回裏ヤクルト。ラッキーな内野安打の雄平を一塁に置いて、バレンティンがバックスクリーン直撃のツーラン。
しかし3回表に星が、高山・上本の連続ホームランを食らって、即同点。
しかしその裏、坂口が移籍後初のホームランを打って3対2。
スタンドではあまり感じなかったんだけど、特に試合前半は、スコアボードの旗とかを見ると、上空では結構強い風がホームからバックスクリーンに向けて吹いていたようで、その影響もあってのホームラン多発だったかもしれない。
阪神の小野は4回くらいから制球がダメになり始め、5回には藤井が内野安打で出て暴投で進塁し、山田のタイムリーで4対2。ヤクルトペースに見えた。
狂ったのは7回。好投していた星が、6回裏に打席に入った上で7回表に臨んだが、いきなり制球が怪しくなった。四球とツーベースで1死2-3塁として、ルーキに交代。
ルーキは今日は厄日だったと思う。最初の高山は打ち取った当りだったが、飛んだ場所が悪くて内野安打になり1点。続く上本も同じような当りで、もう1点。これで同点。次の糸井は打ち取ったが、2死2-3塁になり、次の福留を敬遠。と思ったら、3球目がすっぽ抜けて暴投になり、阪神が勝ち越し。
敬遠暴投は映像は見たことあるけど、現地で見たのは初めてじゃないかな(と思ったが、去年の8月にDeNAの小杉がやらかしているのを、見たことが分かった)。敬遠が申告制になると、こういうオモシロイもの(^^;)は見れなくなっちゃう。
しかし、ルーキは2球目もすっぽ抜けかけた危ないボールだったので、キャッチャーの中村が何か配慮するべきだったんじゃないかなという気はした。実際、試合後、中村や投手コーチの伊藤智仁が、その種のことを言っていたらしい(智仁はベンチが指示するべきだったと言っていたらしい。
7回以降のヤクルト打線は、7回岩崎、8回マテオに抑えられた。9回は今度は阪神のドリスが不運に見舞われた。大引の投手強襲打の後、上田のヘタクソなバント失敗でゲッツーを取ろうとして、かえって弾いてしまい、エラーで、無死1-2塁。その後、犠打と四球で1死満塁となったが、山田、雄平が連続三振で終了。

まあ、カッコいいホームランとか、お笑いプレーとか、色々見れたから、充実していたと言えなくはないが、無駄に長い試合だった気もしないではない。
星は3回といい7回といい、前兆なくおかしくなるのが芸風? 全体的には悪くないピッチングだったけど、こういう崩れ方だと使う方も苦労しそうな気がする。
20170521kyujo
20170521board
20170521end
20170521score
20170521mascot

|

« 感想「明治維新という幻想」 | トップページ | J2リーグ第15節愛媛対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65313803

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対阪神(5/21):

« 感想「明治維新という幻想」 | トップページ | J2リーグ第15節愛媛対名古屋 »