« イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/30) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(6/1) »

イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/31)

2017.5.31 (水) 13時 ヤクルト戸田球場
L 000020100 3
S 01000030X 4
[勝]徳山、[S]中澤、[敗]福倉
[H]L:永江(徳山)

2日連続。曇り気味で、陽射しが弱かった分、昨日よりは過ごしやすかった。

先発投手はヤクルトが梅野、西武が野田。
先制はヤクルト。2回裏に廣岡がヒットで出て、原泉のタイムリーツーベースで還った。
今年のルーキーの梅野は、ここまで見た時は、いつも好投していたが、最長で3イニング(見てない試合では、もっと長く投げていたかもしれないが)。しかし、今日は4回もマウンドに上がった。期待して見ていたが、明らかにペースダウンして、制球にまとまりがなくなっていた。4回は何とか無失点で凌いだが、5回はヒット2本で走者が溜まった所で、山田に2点タイムリーツーベースを打たれ、逆転される。やはり、まだ育成途上で、長い回を投げ切る力はないということかなあ。結局、ここで岩橋に救援を仰ぐ。もっとも岩橋もヘロヘロで、2四球で満塁にしたが、何とか無失点で切り抜けた。
6回からは徳山が登板したが、7回に永江にホームランを食らい、2点差。
一方、打線は、野田に対して、4回5回と続けて併殺でチャンスを潰し、6回にも2番手國場に0点に抑えられた。しかし7回、3番手の福倉に対し、星野・三輪・山崎が3連打で満塁とし、榎本の犠飛でまず1点。さらに大村の2点タイムリーツーベースで逆転。
8回表は菊沢が登板。大丈夫か?と思ったが、やっぱりあまり大丈夫ではなく、四球とヒットで二死1-2塁として、中澤に交代。中澤は後続を打ち取り、9回もヒット1本は打たれたが、無難に抑えて逃げ切った。

今日は奥村のショートの守備の良さが目立ったと思う。日頃、エラーがないわけじゃないが、廣岡に比べると、やっぱり堅実で、不安な感じはかなり薄い。廣岡と渡邉は、打撃は割と買えるけど、守備がもう少し上手くならないと厳しいな。
そういえば、渡邉は昨日、走塁中に足を痛めたようで、途中で交代したが、今日は出場しなかった。どの程度のケガなんだろうか。
20170531kyujo
20170531board
20170531end
20170531score

|

« イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/30) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(6/1) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65353674

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/31):

« イースタンリーグ ヤクルト対西武(5/30) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(6/1) »