« J2リーグ第11節名古屋対京都 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(5/6) »

B1リーグ 川崎対渋谷

2017.5.5(金) 18時 川崎市とどろきアリーナ
観客 3784人 

 川崎ブレイブサンダース 93(25−21)86 サンロッカーズ渋谷
               (16-22)
               (10-20)
               (25-13)
               (17-10)

チケットを貰ったので見に行った。バスケットを生観戦するのは初めて。過去に、何度か行きかけたことはあったが、いろんな理由で、結局行っていなかった。

リーグ戦のラス前の試合(5/6が最終節)で、既に順位は決まっていたらしいが、プレーオフを睨んで、双方のチームとも、それなりに大切な試合ではあったらしい。(詳細はよくわかってない(^^;)

第1ピリオドは、川崎が3ポイント含めてパカパカシュートを決めてリードしたが、第2ピリオドに入ると渋谷が巻き返して逆転。第3ピリオドは渋谷が圧倒的に優勢だったから、このまま終わるかと思ったら、第4ピリオドに川崎が驚異的な巻き返しを見せて、残り8秒で追い付き、そのまま5分間の延長戦に突入。追い付いた勢いのまま、延長はホームの川崎が優勢に運んで勝ち切るという、やたらと盛り上がる試合だった。
点がガンガン入って、展開が速い上に、こっちはまるっきりシロートだから、なんでそういう風に試合が動くのか、よく分からなかったが、渋谷はフリースロー外し過ぎじゃないか?、とは思った。川崎はきっちり決めていたので、最終的にはそれが勝敗の分かれ目だったのかなあと。

とりあえず、Bリーグって、こういうものか、とは思った。もっとも、チームによって、会場の雰囲気はかなり違いそうだが。日本リーグの企業チーム由来のチームと、BJリーグのクラブチーム由来のチームでは、全然違いそうな気がするし。それこそB3の埼玉とかは、全然違うかも。
チケット完売と言ってる割りに、空席がそこここにあったのは、多分、企業チーム由来だからじゃないかな、と想像(ラグビーからの連想)。もっとテンション高いかもと思ってたが、そうでもなかった所もそう。ただ、試合展開が試合展開だったから、会場は、終盤はかなりヒートアップはしていた。

観客の応援参加の演出が全面的に行われていた印象。とにかく応援モードで客を巻き込んでしまえ、という方針のような気がする。めまぐるしい分、試合展開を見るのは結構難しい競技のように思えるから、理屈抜きで、とにかく応援しつづけて盛り上がろうというスタンスは、ファン獲得の戦略的には間違ってない気がする。一体感を味わいたい、とかいう人には向いてるのでは。自分には向いてないな、と思ったが。

試合展開が、毎回ここまで盛り上がるというのは考えられないし、結構高い入場料だし、自分で普通に金を払って、また見に行くかというと、かなり微妙。以前、一度だけ見に行って、あまり行く気がしなくなった、アイスホッケーよりは可能性があるかもしれないけれど。 あちらよりは、見ていて分かりやすい競技だとは思う。
20170505arena
20170505board
20170505kaijo
20170505score

|

« J2リーグ第11節名古屋対京都 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(5/6) »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/65242387

この記事へのトラックバック一覧です: B1リーグ 川崎対渋谷:

« J2リーグ第11節名古屋対京都 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(5/6) »